現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1アメリカGP:フェルスタッペン降格騒動により、新たな縁石が設置。不正なオーバーテイクを阻止

ここから本文です
スポーツ 2018.10.18

F1アメリカGP:フェルスタッペン降格騒動により、新たな縁石が設置。不正なオーバーテイクを阻止

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FIAは2018年F1アメリカGPを前に、サーキット・オブ・ジ・アメリカズに新たな縁石を設置することを決めた。昨年マックス・フェルスタッペンがコース外を使って有利にオーバーテイクを行ったとしてペナルティを受けたことを考慮し、同様の事態を避けるための措置であると思われる。

 2017年のアメリカGPで、フェルスタッペンは16番グリッドから追い上げ、ファイナルラップのターン16から17でキミ・ライコネンを抜いて3位に上がり、表彰台を獲得した。しかしその際にコースオフしてアドバンテージを得たと判断され、5秒加算のペナルティを受け、4位に降格された。フェルスタッペンはこの裁定に強い不満を示し、スチュワードを激しく批判。スチュワードを罵倒したことについて、フェルスタッペンは後に謝罪したが、ペナルティが間違っているという主張は変えなかった。

    フェルスタッペン親子、ペナルティに激怒。「ばかな裁定によってF1がだめになる」

 フィニッシュ後に表彰台のメンバーが入れ替わったこと自体にもファンからは批判が出ていた。FIAは昨年の一件を考慮し、ターン16とターン17のエイペックスの後ろに新たな縁石を設置し、ドライバーがコース外を使って有利にオーバーテイクすることを防ぐことを決めた。さらに、ターン1出口に新たな縁石が導入されることも分かっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します