現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダの進歩にルノー危機感「彼らは我々と同レベル」。一方で開発コスト上昇を懸念

ここから本文です
スポーツ 2018.10.16

ホンダの進歩にルノー危機感「彼らは我々と同レベル」。一方で開発コスト上昇を懸念

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデス、フェラーリ、ルノー、ホンダの4メーカーが、パワーユニットマニュファクチャラーとして参戦している現在のF1。メーカー間の開発競争の結果、そのコストは大きく膨れ上がる兆候を見せている。そんな中でルノーは、支出の増加を会社に対して正当化することが、困難になりつつあると考えている。

 ルノーF1のマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、ホンダの急速に進歩していることこそ、コスト増加の証拠であると語る。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 ホンダのアップグレードについて尋ねられたアビテブールは、motorsport.comに対して次のように語った。

「驚くようなことじゃない。ホンダが急速な進歩を遂げていることは、去年の時点ですでに明白だった」

 そうアビテブールは語る。

「昨年のホンダは信頼性が欠如していた。しかし、パフォーマンスが上がっていたのは明確だった。スパでのことを覚えている。ホンダは、巨額の投資を受けていたという明確な兆候があったんだ」

「驚くことじゃない。F1では、どのように投資金額を使うかということよりも、どれだけ投資するかという方が報われるのだ。そして、それは我々が懸念していることだ」

 F1に参戦するメーカーは、すでに2021年以降の新規則下で使うパワーユニットの開発に着手しており、その分の追加予算が必要とされている。しかしアビテブールは、より高回転なパワーユニットを導入することにより、コストがさらに上昇することについては、疑問であると語る。

「コストが上昇することは、私の意見としては許されないことだと思う」

 そうアビテブールは語った。

「ある時点では、4メーカーのうちひとつが、続けていくのが不可能な状況になるかもしれない」

「現在のF1は、1メーカーも失うことはできないと思う。そして、中長期的に支持されない可能性がある方法を採らなければならないという今の状況を、緩和するための決定や行動が行われていないように見える」

 またアビテブールは、今年ホンダがパフォーマンスを上昇させていることで、ルノー自身も努力を強化する必要があることを認めている。

「ホンダは、間違いなく競争力を取り戻しつつある」

 そうアビテブールは語る。

「彼らは今年、我々がスペックCの使用を決めたとしても、競争力の面では我々と同様のレベルにある。それが、我々が来年に向けたエンジン開発について、立ち止まることができない理由だ」

「そして我々はまた、2021年にも注力する必要がある。その開発をできるだけ早く開始したいのだ。いつものように、我々は短期的、そして長期的な目標のバランスを取ることができるようにする必要がある」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します