現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1日本GP技術解説(1):パワー向上のため、2017年からコンプレッサーのレイアウトを大きく変更したホンダPU

ここから本文です
スポーツ 2018.10.15

F1日本GP技術解説(1):パワー向上のため、2017年からコンプレッサーのレイアウトを大きく変更したホンダPU

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1の開発はとどまるところをしらず、毎グランプリ、新しいパーツが導入されている。F1iのテクニカルエキスパート、ニコラス・カーペンティアーズが日本GPで展示されたホンダパワーユニット『RA618H』を紹介、分析する。
----------------------------

 ホンダは毎年、F1日本GPでパワーユニットを観客に披露している。他のメーカーは、ここまでのサービスを地元ファンにはしていない。2018年はピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーのマシンに搭載されているパワーユニット『RA618H』が展示された。

    F3タイトルを獲得したミック・シューマッハーに称賛と期待の声。「父ミハエルから天才ドライバーの遺伝子を受け継いでいることは明らか」

 日本製V6ハイブリッドは、基本レイアウトは2015年から大きく変わっていない。タービンとコンプレッサー分離タイプで、両者は長いシャフトで連結され、間にMGU-H(熱エネルギー回生システム)が挟み込まれる。ただし2017年からは、コンプレッサーはVバンクの内側ではなく、メルセデスの形式を踏襲してエンジンブロックの前方に置かれた。


 この方がコンプレッサーの形状を大きくできるため、パワーを上げやすい利点がある。ただしこのレイアウト変更のために、燃料タンクは根本から再設計しなければならなかった。

 写真でおわかりのように、コンプレッサーは巨大な潜望鏡のような形状のカーボン製ダクトを通して、空気を取り入れる。そしてこのダクトはオイルタンクの真ん中を貫通している(黄色矢印)。さらにその上部には、インタークーラーを通過して冷却され圧縮された空気の取り入れ口がふたつ(紫色矢印)。エアボックスに繋がるものだ。

 エンジンブロック上部には、各バンクひとつずつある直噴ポンプも視認できる(赤色矢印)。このポンプは燃料を500barまで加圧し、インジェクターに送り込んでいる。

 パワーユニット底部に見えるオレンジ色の太いケーブルは、電子制御ボックスへ電気を送る役割を果たす。ここで交流から直流に変換され、バッテリーに蓄電されるのである。緑色矢印はそこからMGU-Hへ、青色矢印はMGU-K(運動エネルギー回生システム)に繋がる。


 ホンダ製パワーユニットの後部には、エアボックス(黄色矢印)、2本のウェストゲートのダクト(青色矢印)、タービン(赤色矢印)、そして黒いカバーで隠されたクラッチ(緑色矢印)が見える。

 ホンダはクラッチをギヤボックスではなく、エンジンブロックに直接取り付けている。毎分15000回転とレブが比較的低いため、直付けも可能なのだ。トルクを増やすのに効果的な手法で、メルセデスも採用している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sam*****|2018/10/15 17:29

    違反報告

    現況のエンジンを丸裸にして見せる。ホンダらしい。他所はこんなことはしないだろう。同じ形式の618だったとしても鈴鹿で使用したバージョンは色んな所が見直されたんだろうなぁ。数ヶ月前のものでも、もう過去のものだからあからさまに見せる。そしてエンジニアの尻を叩く。ほんとにホンダらしい。
  • kis*****|2018/10/15 17:01

    違反報告

    サイズ0の悪影響をもろに受けてしまった過去3年、ようやく自由なレイアウトが取れるようになって今年の成績。
    来年が楽しみですね^^
    ただ今更って記事にびっくりですが・・・
  • sqg*****|2018/10/15 16:07

    違反報告

    現行PUは 将来「懐かしF1」としては動かせないだろうね
    静態保存がよいところ 複雑過ぎ 金かかり過ぎ
    運営が言う 経費削減とは真逆のPU 情けないことよね
    まあっ枕の言いなり サイズ0??で無いだけマシさ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します