現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 小林可夢偉擁する7号車トヨタが2018年WEC富士制覇。ポール剥奪、第3戦失格処分の流れ断ち切り大逆転

ここから本文です
スポーツ 2018.10.14

小林可夢偉擁する7号車トヨタが2018年WEC富士制覇。ポール剥奪、第3戦失格処分の流れ断ち切り大逆転

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018-19年のWEC世界耐久選手権“スーパーシーズン”第4戦は10月14日、富士スピードウェイで6時間の決勝レースが行われ、TOYOTA GAZOO Racingの7号車トヨタTS050ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組)が優勝を飾った。

 14日(日)の11時、ウエットコンディションのなか幕を開けたWEC第4戦富士。優勝争いはコンウェイのドライブする7号車トヨタが総合首位、13.738秒差の総合2番手にセバスチャン・ブエミの8号車トヨタ(ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ組)が続く形で6時間の決勝レース折り返しを迎えた。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 トップを走る7号車トヨタはレース残り2時間40分のタイミングで、6回目のピットイン(うち、1回はセーフティカー先導で通過したもの)。これでブエミの8号車トヨタが総合首位に浮上する。

 その10分後には8号車トヨタがピットインしたため、7号車トヨタが首位に浮上。8号車トヨタはブエミからアロンソにドライバー交代してピットアウトした。

 レース残り2時間が目前に迫った14時52分、LMP1クラスを戦うプライベーターであるSMPレーシングの17号車BRエンジニアリングBR1・AER(ステファン・サラザン/イゴール・オルドジェフ/マテボス・イサーキャン)がダンロップコーナー先でストップ。車両回収のために今大会初めてフルコースイエロー(FCY)が導入される。

 トップを走っていた7号車トヨタは、このタイミングでピットに戻るとドライバーをコンウェイからロペスに交代。首位の座を守ったまま、コースへ復帰する。FCYは導入から5分後に解除され、この時点で7号車トヨタと8号車トヨタの差は約17秒だった。

 レース残り1時間20分を切ったころ、8号車トヨタ、7号車トヨタと相次いでピットイン。8号車はアロンソから一貴に後退した一方、7号車はドライバー交代は行わず。ドライバーはロペスのまま、マシンを送り出す。

 そしてレース残り35分、各チームが最後のピット時間を迎えると、まずはトップと約22秒差だった8号車トヨタが先行してピットへ。ドライバー交代は行わず、最終スティントは一貴が担当することに。およそ2分後にはトップの7号車トヨタもピットイン。2スティントを担当したロペスに代わり、レース前半にロングスティントを担当した可夢偉がマシンに乗り込んだ。

 レース残り25分の段階でトップの可夢偉と2番手一貴の差は19秒。すでに最後のピット作業は終えているため、コース上で勝負が決することになるが、2台のタイムはともに1分27秒台で拮抗していることもあり、タイムはなかなか縮まらず。

 最終的に可夢偉が11.440秒のマージンを持ってトップチェッカーを受け、7号車トヨタに前戦シルバーストンでの失格処分、第4戦富士予選でのポールポジション剥奪という悪い流れを断ち切るWEC“スーパーシーズン”初優勝をもたらした。

 総合2位には8号車トヨタが入り、トヨタがホームレースで盤石のワン・ツーフィニッシュ。総合3位には前戦シルバーストンで繰り上がりの総合2位を獲得した1号車レベリオンR13・ギブソン(ニール・ジャニ/アンドレ・ロッテラー/ブルーノ・セナ組)が入っている。

■LMP2はジャッキー・チェンがワン・ツー。LM-GTEアマは最終周にドラマ
 LMP2クラスは37号車オレカ07・ギブソン、38号車オレカ07・ギブソンを走らせるジャッキー・チェン・DCレーシングがワン・ツーを達成。クラス3位には36号車アルピーヌA470・ギブソンが入った。

 井原慶子がスポット参戦した50号車リジェJS P217・ギブソンはクラス5位でチェッカーを受けている。

 アストンマーチンやフォード、フェラーリ、BMW、ポルシェが覇を競っているLM-GTEプロクラスは予選で後方に沈んだ92号車ポルシェ911 RSRが巧みなレース運びで粘り勝ち。クラス2位は82号車BMW M8 GTE、クラス3位は67号車フォードGTが獲得した。

 レース序盤、星野敏がクラス首位を力走したLM-GTEアマクラスはヨルグ・ベルグマイスター擁する56号車ポルシェ911 RSRが優勝。星野もドライブした88号車ポルシェはクラス2位だった。

 また、レース中盤以降、テール・トゥ・ノーズのバトルを続けていたジャンカルロ・フィジケラ擁するスピリット・オブ・レースの54号車フェラーリ488 GTEと澤圭太擁するクリアウォーター・レーシングの61号車フェラーリ488 GTEによる争いは、ファイナルラップに激化。

 アドバンコーナーを2台横並びで立ち上がると、61号車フェラーリは54号車フェラーリに押し出されるような形でランオフにはみ出しながらも、サイド・バイ・サイドでダンロップコーナーへ。このブレーキングでインをついた61号車フェラーリがオーバーテイクしてそのままチェッカーを受けたに思われたが、最後はフィジケラのフェラーリが0.251秒差でクラス6位でチェッカー。クリアウォーターはクラス7位となった。

 WEC“スーパーシーズン”の第5戦は今戦の約1カ月、11月16~18日に中国・上海国際サーキットで開催される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します