現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ポルシェ 2018/19年WEC第4戦富士 予選レポート

ここから本文です
スポーツ 2018.10.14

ポルシェ 2018/19年WEC第4戦富士 予選レポート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界耐久選手権(WEC)第4戦富士 予選
911 RSR勢の最上位は4列目からスタート。GTE-AMではポールポジションを獲得

 ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)のワークスドライバー、リチャード・リエツ(オーストリア)/ジャンマリア・ブルーニ(イタリア)組は世界耐久選手権の富士6時間レースの予選においてゼッケン91の911 RSRで8番グリッドを、ゼッケン92の911 RSRを駆るケビン・エストーレ(フランス)/ミハエル・クリステンセン(デンマーク)組は10番グリッドから決勝レースをスタートいたします。
 
 911 RSRは土曜日朝の練習走行で最速タイムを記録しましたが、およそ3時間後に行われた予選では期待したラップタイムを記録することはできませんでした。リエツとブルーニは6時間の決勝レースを4列目から、エストーレとクリステンセンはチームメイトの真後ろとなる5列目からスタートします。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 GTE-Amクラスではポルシェ・ヤングプロフェッショナルのマッテオ・カイローリ(イタリア)と星野敏(日本)が予選アタックを担当し、見事ポールポジションを獲得しました。カイローリと星野はジョルジオ・ローダ(イタリア)とともにゼッケン88のデンプシー・プロトン・レーシングの911 RSRで決勝レースに臨みます。
 
 ポルシェ・ヤングプロフェッショナルのマット・キャンベル(オーストラリア)がクリスチャン・リード(ドイツ)、ポルシェジュニアのジュリアン・アンドロウアーとドライブするもう1台のデンプシー・プロトン・レーシングの911 RSR(ゼッケン77)はクラス3番からスタートを迎えます。

 ゼッケン56の911 RSRで同じくGTE-Amに参戦するチーム・プロジェクト1のトリオは4番グリッドを獲得しました。ポルシェワークスドライバーのヨルグ・ベルグマイスター(ドイツ)はパトリック・リンジー(アメリカ)、エギディオ・ペルフェッティ(ノルウェイ)とトリオを組みます。7番グリッドからスタートするのは、ガルフ・レーシングのマイケル・ウェインライト、ベンジャミン・バーカー(ともにイギリス)、ポルシェジュニアのトーマス・プレイニング(オーストリア)です。

 富士山麓で行われる6時間の決勝レースは、10月14日(日)の11時にスタートとなります。

予選後のコメント
アレキサンダー・ステーリッヒ(GTモータースポーツ プログラムマネージャー)
「厳しい戦いでした。8番手、そして10番手という予選結果には満足していません。我々は明日の決勝レースで、いかに戦うかを考えています。クルマが優れているのは分かっていますが、予選では残念ながら様々な要素を結びつけることはできませんでした」

リチャード・リエツ(ポルシェ911 RSR ゼッケン91)
「8番手という予選結果は我々が望んだものではありません。クルマのバランスは優れていましたが、ジャンマリアと私には速さが足らなかったようです。それでも決勝に対してはポジティブです。6時間レースでは充分に挽回ができると信じています」

ジャンマリア・ブルーニ(ポルシェ911 RSR ゼッケン91)
「リチャードはユーズドタイヤでのアタックにも関わらず、素晴らしいラップを披露してくれました。ニュータイヤでアタックした私も最善を尽くしました。残念ながら8番グリッドに留まることになりましたが、決勝レースでは幸運に恵まれることを望んでいます」

ケビン・エストーレ(ポルシェ911 RSR ゼッケン92)
「良い予選ではありませんでした。期待していたほどのグリップを得ることができず、最大限の努力はしましたがパーフェクトなラップとは言えません。データを見直して何が起こったのか解析をする必要があります」

ミハエル・クリステンセン(ポルシェ911 RSR ゼッケン92)
「朝の練習走行ではトップタイムを記録していたので10番グリッドは期待外れでした。ライバルたちがどのようにタイムを縮めたのか、想像ができません。幸いにも選手権を争っているライバルはひとつ前のグリッドからのスタートします。決勝レース序盤は雨が降るようなので、我々にもチャンスはあると思います」

マッテオ・カイローリ(ポルシェ911 RSR ゼッケン88)
「今回のポールポジションは星野さんによるところが大きいと言えます。彼のラップタイムはその他のアマチュアドライバー達と比較して0.5秒も早かったのです。4輪脱輪の裁定によって私のベストタイムは抹消されました。それでも決勝レースはクラスの先頭からスタートできるので、今から結果が楽しみです」

マット・キャンベル(ポルシェ911 RSR ゼッケン77)
「3番グリッド獲得は喜ぶべきことです。練習走行では正しいセットアップを進められました。クルマのフィーリングは良いので決勝レースでは混乱を避けて良い結果に結びつけたいと思います」

ヨルグ・ベルグマイスター(ポルシェ911 RSR ゼッケン56)
「4番グリッドは期待外れでした。ギヤボックスに発生したトラブルにより周回数を失い、セットアップを煮詰める時間が足りなかったようです。明日はクリーンなレースを戦い、ポイントを獲得したいと思います」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します