現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WEC富士予選|最速7号車トヨタTS050ハイブリッド、ピットレーン速度違反でPPタイム抹消

ここから本文です
スポーツ 2018.10.13

WEC富士予選|最速7号車トヨタTS050ハイブリッド、ピットレーン速度違反でPPタイム抹消

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WEC富士6時間レースの予選が行われ、TOYOTA GAZOO Racingの7号車TS050ハイブリッドが最速タイム(1分23秒557)をマークしたが、ドライバーのホセ・マリア・ロペスがピットレーンで速度違反を犯したとして失格となり、7号車のタイムは無効になった。

 ピットレーンの制限速度は60km/h。ロペスはそこを67.7km/hで走行した。この違反に対しFIAは900ユーロ(約11万6000円)の罰金を科し、7号車のタイムを抹消した。

    WEC富士予選:7号車トヨタがPP獲得。GTEクラスでは星野敏が大健闘

 明日行われる決勝レースのスタートに関してはまだ発表はないが、7号車はピットレーンからのスタートになるか、グリッド最後尾からのスタートになる模様だ。

 それにしても、7号車はまだ負のスパイラルから抜け出せていないようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 赤井邦彦)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します