現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ラッセル、ウイリアムズ加入の経緯を明かす。「2019年のF1に乗りたい」とテクニカルディレクターに直接交渉

ここから本文です
スポーツ 2018.10.13

ラッセル、ウイリアムズ加入の経緯を明かす。「2019年のF1に乗りたい」とテクニカルディレクターに直接交渉

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年シーズンからウイリアムズF1に加入することが決まったジョージ・ラッセルだが、その道のりは大胆にも、本人が7月にチームのテクニカルディレクターを務めるパディ・ロウに電話をかけたことから始まっていた。

 20歳のラッセルは今季の夏、F2選手権においてはまだ先の見えない状況にあったが、メルセデスのジュニアドライバーとしてメルセデスやフォース・インディアのF1マシンに搭乗する機会を何度か得ていた。そしてラッセル本人は、2019年にどのカテゴリーで戦いたいかを明確にしていた。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 その夢を実現するために彼はパディ・ロウに電話をかけ、ウイリアムズの経営陣およびチーム副代表であるクレア・ウイリアムズとのミーティングを要請したのだ。

 F1公式サイトのFormula1.comに対し、ラッセルは当時のことを振り返って以下のように語っている。

「パディ、僕は来年、2019年のF1に行きたいし、ウイリアムズのマシンに乗りたい。クレアとあなたとのミーティングの場を設けてもらって、この話を詳しくするわけにいかないだろうか?」と、彼はロウに話したという。

 ミーティングの機会が与えられ、ウイリアムズはシミュレーター上で彼の能力を評価することに合意した。

「僕はシミュレーターで1日を過ごした。彼らは僕のフィードバック能力やスピード、チームとのコミュニケーションのとり方を評価した。後で、非常に上手くいったと聞いた」

「さらには、僕のGP3とF2での成績も大きな要因となったんだ」

 しかしながらラッセルはフリーエージェントではないため、メルセデスの契約ドライバーとして、交渉はメルセデスが引き継いでいる。

「交渉に関してはメルセデスが引き受けてくれた。僕も関与した。これは僕のキャリアに関することなので、彼らは僕にも大いに話にかかわらせてくれた。共同での話し合いだったんだ」

 ラッセルはいまや正真正銘のF1ドライバーであるが、その肩書を実感できずにいたという。

「契約にサインをするということは、とても現実的なものだった」

「時間がたつに連れて、本当に起きていることなのだと思えるようになってきた。F1は僕にとって生涯の夢なんだ。ウイリアムズとともにチャンスを掴むことができて、言葉にならないよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します