現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ウイリアムズがメルセデスジュニアのラッセルと契約。オコンのF1残留の可能性消滅か

ここから本文です
スポーツ 2018.10.12

ウイリアムズがメルセデスジュニアのラッセルと契約。オコンのF1残留の可能性消滅か

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイリアムズ・レーシングは、メルセデス・ジュニアドライバーのジョージ・ラッセルとのレースドライバー契約を2019年から複数年にわたり結んだことを発表した。

 20歳イギリス出身のラッセルは、2017年にGP3シリーズでタイトルを獲得、2018年にはF2に参戦しながら、メルセデスF1チームのテストおよびリザーブドライバーの役割も務め、F1テストにたびたび参加している。F2では最終戦を前にランキングトップに立っている。

    ガスリー、F1シートが得られないオコンに同情。「走りではなく、政治とお金が重要な状況は不公平」

 ウイリアムズは現在、ランス・ストロールとセルゲイ・シロトキンを走らせているが、ストロールは来季、父親が共同オーナーを務めるフォース・インディアに移籍する見込み。ウイリアムズは今回初めて2019年のドライバーについての発表を行い、ラッセルのチームメイトについては明らかにしなかった。

 同じメルセデス傘下のドライバー、エステバン・オコンの去就がまだ決定していないが、ラッセルの方が2019年F1シートを確保する結果となった。ウイリアムズにはもうひとつシートがあるが、シロトキンが残留する可能性が高いともいわれている。

2019年F1シートのなかで現在正式発表されていないのは、ウイリアムズ1席、トロロッソ1席、フォース・インディア2席のみとなった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します