現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1、完走全車にポイントを与える新制度を検討も、合意に至らず。2019年の導入は断念

ここから本文です
スポーツ 2018.10.12

F1、完走全車にポイントを与える新制度を検討も、合意に至らず。2019年の導入は断念

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1は2019年にポイントシステムを変更することを検討したが、全関係者の合意は得られず、プラン導入は見送られることになった。

 F1ストラテジーグループにおいて、20位まで、あるいは15位までにポイントを与えるという提案について議論がなされた。現在はトップ10でフィニッシュしたドライバーとチームにポイントが授与されている。

    F1予選システム変更が検討も、4セッション制に賛否両論

 これはF1のオーナー、リバティ・メディアによる提案だった。現在ビッグ3チームといわれるメルセデス、フェラーリ、レッドブルが、トラブルやアクシデントがなければトップ6を占めるため、中団チームがポイントを確保できるチャンスは非常に限られている。

 獲得ポイントによって分配金が変わってくるため、現在のシステムでは中団以下のチームはますます経済的に苦しい状況に陥っていく。

 過去のF1では5位までと決勝中のファステストラップにポイントが与えられていた。その後、ファステストラップへのボーナスポイントは廃止され、ポイント対象が6位まで、8位までと変化し、2010年に現在の10位までを入賞とし、ウイナーに多くのポイントを与えるシステムに落ち着いた。

 今回の協議でポイントシステム変更に一部から反対が出たため、2019年に関しては現行システムが維持されることになった。

「全員が合意していれば、2019年に(新システムを)導入しただろう。だが全員の合意は得られなかった」とFIAレースディレクターのチャーリー・ホワイティングがSpeed Weekに対して語った。

「重要な問題なので、一度変更したら、それを最低10年は続けていきたい」とF1のモータースポーツ担当マネージングディレクターのロス・ブラウンはコメントしている。

 一方、ストラテジーグループは、レースウイークエンドのカーフュー(労働制限時間)を、2020年には1時間延長することで合意した。つまり、ガレージにおいて許される夜間作業が1時間減ることになる。各チームは、シーズンのなかで2回は“ジョーカー”としてカーフューを破ることが許される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sak*****|2018/10/12 09:24

    違反報告

    微妙だね。
  • nan*****|2018/10/12 10:02

    違反報告

    「獲得ポイントによって分配金が変わってくるため、現在のシステムでは中団以下のチームはますます経済的に苦しい状況に陥っていく。」
      ↑
    そもそも競技なのだから仕方無い、マクラーレン·ウイリアムズ·フェラーリも低迷期を経験しながら競技活動を続けているよ。
    特に70年代中期までのウイリアムズを知る方なら御分かりの筈。
  • oki*****|2018/10/13 11:05

    違反報告

    コンストラクターズポイントだけ完走車両全台って言うなら有りだと思うけど、
    ドライバーズポイントとしては良いとは思わない。

    コンストラクターズはチームの総合力だと思うから完走出来る車の整備と
    壊さないように走るF1パイロットの技術の総合力として見れば完走車全台に
    ポイントが有っても良いと思う。

    でもドライバーズポイントは名前の通りドライバーへの評価でも有り、
    バトルしない下手でも完走してポイントGET出来るなら下位チームのパイロットは
    一切バトルしないで毎回完走目指すだけってつまらない作戦も出来るんだから
    今のままでも問題は無いんじゃないかと思う。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します