現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スバル、インプレッサとSUBARU XVを改良。インプレッサに『オートビークルホールド機能』追加

ここから本文です
スポーツ 2018.10.11

スバル、インプレッサとSUBARU XVを改良。インプレッサに『オートビークルホールド機能』追加

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スバルは10月11日、スバル・インプレッサとSUBARU XVの改良モデルを発表した。インプレッサは11月2日に、SUBARU XVは10月19日に発売する。

 スバル主力モデルのひとつであるインプレッサには、信号待ちや渋滞など通常であればブレーキを踏み続けなければならない場面でブレーキペダルを話しても自動的に車両の停止を保持する『オートビークルホールド機能』が追加された。

    スコット・スピードが新生ラリークロス『ARX』初代王者に。スバル勢は最終戦で表彰台届かず

 この改良で、スバルは「ドライバーの疲労を軽減し、運転の快適性を向上」させたとしている。

 また人気グレードである1.6i-L EyeSightをベースとするSUBARUの60周年記念特別仕様車『1.6i-L EyeSight S-style』も継続展開するとのこと。

 クロスオーバーSUVとして人気のSUBARU XVには、2リッター直噴NA水平対向エンジンと電動化技術を組み合わせた『e-BOXER』を搭載した『Advance』が追加設定された。

 この『Advance』には専用装備として、ブルーを使った内装やボディカラー『ラグーンブルー・パール』が新採用されている。

 そのほか一部のグレードを除いて、後退時自動ブレーキシステムが標準装備となったほか、アイサイトセイフティプラス(視角拡張)にサイドビューモニター機能も追加され、「『乗る人すべてに最高の安心と愉しさを提供すること』を目指して開発されたSUBARU XVの『総合安全性能』を一層高めました」という。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します