現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラ:往年の“パイオニア・レッド”が復活。小林可夢偉のマシンが最終戦鈴鹿で限定カラーに

ここから本文です
スポーツ 2018.10.10

スーパーフォーミュラ:往年の“パイオニア・レッド”が復活。小林可夢偉のマシンが最終戦鈴鹿で限定カラーに

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月10日、全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦しているKCMGをサポートしているパイオニアは、三重県・鈴鹿サーキットで10月26~28日に開催される2018年シーズン最終戦鈴鹿に“パイオニア・レッド”を配した限定デザインで参戦すると発表した。

 日本を代表するトップドライバーのひとりである小林可夢偉を起用し国内最高峰フォーミュラシリーズ、スーパーフォーミュラに参戦しているcarrozzeria Team KCMG。そのチームを2018年からサポートするパイオニアは今季、同社のカーナビ・カーAVブランド『カロッツェリア(carrozzeria)』のロゴを可夢偉がドライブする18号車KCMG Elyse SF14のフロントウイング、“シャークフィン”と呼ばれるエンジンカバーなどに掲げてシーズンを戦ってきた。

    『パイオニア』がフォーミュラに復活し、KCMGの冠スポンサーに。可夢偉「初優勝だけでなくチャンピオンを目指す」

 しかし今回、carrozzeria Team KCMGは2018年シーズン最終戦となる第7戦鈴鹿において、ブルーを基調とするKCMGカラーから大きくイメージの異なる限定カラーで同ラウンドに臨むことを明らかにした。

 1戦限定となるこのカラーリングは、『挑戦、革新性、躍動感』を表現するパイオニアのコーポレートカラー“パイオニア・レッド”を採用したもの。公開された車両カラーデザインは、かつてインディカー・シリーズを戦った高木虎之介のマシンを彷彿させるものとなっている。

 また、パイオニアはスーパーフォーミュラ最終戦が行われる鈴鹿サーキットの会場内にPRブースを出展。人気製品のサイバーナビやデジタルプロセッサー、 パワードサブウーファーなど“カロッツェリア”新商品をなどを体験できるコンテンツをご用意するという。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します