現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA、フェラーリの失速とエネルギー監視用センサー追加の関連を否定

ここから本文です
スポーツ 2018.10.10

FIA、フェラーリの失速とエネルギー監視用センサー追加の関連を否定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェラーリのパワーユニット(PU)の監視を続けているFIAは、フェラーリが最近のレースでメルセデスに対して遅れを取っていることとPUの監視は関係がないと主張している。


 フェラーリのPUは、バッテリーを2つに分けて配置するという独特の構造をしている。シーズン序盤からストレートで速さを見せていたフェラーリに対し、メルセデスは彼らがエネルギー回生において何か不正なことを行なっていないか、FIAに確認するよう促した。独特なバッテリーの構造を悪用し、レギュレーションで許されている以上のエネルギーを使っているのではないかと疑ったのだ。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 FIAは、エネルギー使用量を監視するためにセンサーを2つ、フェラーリのPUに追加。彼らがレギュレーションの範囲内でPUを運用している事を確認した。


 ところがフェラーリは失速。特に、これまで持っていたストレートでのアドバンテージを失ったように見えるため、これがFIAのセンサーの影響なのではないかと噂されていた。

 しかしながらF1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングは、フェラーリで起きたこととFIAが行なっていることに関係がないのは明らかだと断言した。

 ホワイティングは「どうしてそんなことが起きているか分からない」と、motorsport.comに語った。

「フェラーリの失速が、我々が設置した”魔法のセンサー”が原因だという憶測がある。我々はこれ以上の措置をするつもりはないし、エンジン性能という観点から見て、その憶測には同意しない」

「全く関係がない」

 フェラーリのチーム代表であるマウリツィオ・アリバベーネは、フェラーリの持つ知的財産であるバッテリーシステムの情報が、FIAの調査により流出してしまっていることが最大の懸念であると表明。これ以上の情報流出は今後、”深刻な問題”として扱われるだろうと述べていた。

 アリバベーネとホワイティングは、日本GPウィーク中の土曜日に話し合いを行なった。その上で、何が起きたのかをFIAがこれ以上説明すれば、不公平になるとホワイティングは話した。

「我々は土曜日の朝に話をし、いまはそれが明白になっている。我々が何を話したかを明かすべきではないと思う」

 ホワイティングに、2つ目のセンサーがいつフェラーリのマシンに追加されたかを明かす事はできるのかと問うと、彼はこう答えている。

「できない。もしそうすれば、フェラーリのマシンについて喋っていることになる。それはつまり、他の全てのチームに対し、フェラーリのマシンを説明しているのと同じことだ。それは、私がすべきことではない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します