現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WECトヨタ、ホームの富士を前に車両最低重量が26kg引き上げ。プライベーター勢と最大86kg差に

ここから本文です
スポーツ 2018.10.9

WECトヨタ、ホームの富士を前に車両最低重量が26kg引き上げ。プライベーター勢と最大86kg差に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FIA世界耐久選手権第4戦富士6時間レースを前に、トヨタはEoT(技術均衡値)の調整に同意した。これにより、TS050 HYBRIDの車両最低重量は878kgから引き上げられ、904kgとなった。

 EoTの調整により、トヨタ側の参戦条件が変更されるのは始めてのこととなる。これまではTS050を基準とし、LMP1クラスのプライベーターのパフォーマンスが調整されており、ターボエンジンを使用するマシンの車両最低重量は833kg、自然吸気エンジンを使用するマシンは818kgとなっていた。

    アロンソ、F1&WECの”日本2連戦”に向け気込み「最後の鈴鹿を楽しむ」

 FIAの耐久レース委員会は、今回のEoT調整について発表した際、「これらの変更は、LMP1-H(ハイブリッド)の競技者の合意のおかげで可能になった」と説明した。

 また、これまでトヨタは1スティントにつき2周長く走れるという燃費上のアドバンテージを持っていたが、プライベーター勢の燃料タンク容量増などにより、このアドバンテージも失われることになるようだ。

 これらの変更は、前戦シルバーストンでのレースでトヨタがプライベーター勢を圧倒したことを受けて決定されたものだ。トヨタは6時間のレースで、プライベーター勢トップの3号車レベリオンに4周差をつけた。なおこのレースでは、スキッドブロックの違反によりトヨタの2台は最終的に失格となっている。

 WECとシリーズのプロモーターであるACO(フランス西部自動車クラブ)は、昨年夏にポルシェがLMP1クラスからの撤退を発表した際、プライベーターたちに対しラップタイムがハイブリッド車(トヨタ)と同等となるようにすると約束していた。

 だが一方で、ハイブリッドシステムを搭載するトヨタが持つ燃費のアドバンテージは保つ予定だったはずで、EoTによる性能調整に綻びが見えてきていると言えるかもしれない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Gary Watkins)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します