現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGTもてぎ公式テスト:2日目午前はロング主体。au TOM’S LC500がトップタイム

ここから本文です
スポーツ 2018.10.9

スーパーGTもてぎ公式テスト:2日目午前はロング主体。au TOM’S LC500がトップタイム

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月9日、栃木県のツインリンクもてぎでスーパーGT公式テストの2日目午前のセッション3が行われ、中嶋一貴/関口雄飛組au TOM'S LC500が1分37秒610でこの走行のトップタイムをマークした。GT300クラスはグッドスマイル 初音ミク AMGが最速となっている。

 前日の1日目に続き、2日目を迎えたもてぎでのスーパーGT公式テスト。前日は祝日ということもあり多くのファンがサーキットを訪れたが、この日も平日とは思えないほどのたくさんのファンがもてぎを訪れている。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 そんな中、前日同様9時30分からスタートした2日目午前のセッション3は、曇天のなかで始まった。ただ、開始から5分というところで、山本尚貴がドライブしていたRAYBRIG NSX-GTが2コーナーでコースアウト。グラベルにストップしてしまったため、すぐに赤旗中断となった。

 その後はスピンやコースアウト等もあったが、中断なくロングラン主体での走行が進められていった。GT500クラスでは前日2番手だったau TOM'S LC500、そしてWAKO'S 4CR LC500が続きレクサス勢が終盤までベストタイムでトップ2を占めていく。これに続いたのはMOTUL AUTECH GT-R、ZENT CERUMO LC500、そしてARTA NSX-GTという3台だ。

 セッション3途中からは晴れ間も見え、路面温度も高くなっていったが、ロングランが主体となったこの走行の終盤はアタックも行われることなく、53周という周回をこなしたau TOM'S LC500が1分37秒610でこのセッションの最速に。WAKO'S 4CR LC500、MOTUL AUTECH GT-Rと続く結果となった。

 GT300クラスは、この日は片岡龍也がステアリングを握ったグッドスマイル 初音ミク AMGが1分47秒391でトップタイムに。2番手には2日間藤井誠暢がひとりでドライブするD'station Porscheと続いた。D'station Porscheはこのもてぎテストでここまでのところ3セッションすべてでトップ3につけている。

 3番手となったのは、前日クラッシュを喫し、アームやリヤの外装等をチームが必死に修復した31号車TOYOTA PRIUS apr GT。なお、前日午前にトラブルに見舞われたEIcars BENTLEY GT3も車両修復が完了し、この日は走行をこなした。初日午前最速だったマネパ ランボルギーニ GT3が4番手、そしてSUGOでの優勝車であるSUBARU BRZ R&D SPORTが5番手となった。

 スーパーGT公式テストの今季最後の走行となるセッション4は、13時30分からスタートする予定だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します