現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 思い出の鈴鹿をMP4-13でドライブしたハッキネン「記憶が鮮明に蘇って、幸せだった」

ここから本文です
スポーツ 2018.10.8

思い出の鈴鹿をMP4-13でドライブしたハッキネン「記憶が鮮明に蘇って、幸せだった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年、F1開催30回目の記念大会を迎えた鈴鹿サーキット。週末には多くのレジェンドドライバーも招待され、貴重なマシンのデモ走行で集まったファンを沸かせた。


 そのうちの一人が、1998年と1999年、2年連続でF1チャンピオンに輝いたミカ・ハッキネンだ。ドライブしたマシンは、彼が鈴鹿で初のタイトルを決めた際のマクラーレンMP4-13。普段ドイツで動態保存されているもので、約20年ぶりに海を渡り、鈴鹿サーキットに持ち込まれた。

    【動画】FIA F1世界選手権第17戦日本グランプリ ハイライト

 デモランを終えたハッキネンは、思い出が蘇り幸せだったと語った。

「今週末は鈴鹿サーキットで昔僕が乗っていたクルマをドライブすることができて嬉しかった。多くのファンにも会えたしね。でも、特別な感情は湧かなかった。選手権を戦っているわけじゃないからね。ただ幸せだった。走ってると、かつてこのクルマでタイトルを獲ったんだと改めて思い出して、感激した」


「当時、マクラーレンはエンジニア、メカニック、その他チーム関係者がひとつになって大きな仕事をこなしてくれた。僕は10年間F1を戦って、様々なクルマに乗ったけど、今日乗ったマクラーレンMP4-13 はとてもユニークで素晴らしいクルマだった。鈴鹿を走ればその良さがよく分かる。コーナーでのクルマのバランスは最高で、とてつもないトラクション、高性能なブレーキ。エンジンは昔のママじゃないからそれほどじゃないけど、出力、車重、バランスなどは最高だ」

 1998年の鈴鹿は、ハッキネンとタイトルを争うミハエル・シューマッハー(フェラーリ)が最後尾からスタートしたもののタイヤトラブルによってリタイア。思わぬ形でタイトル争いが決着した。翌1999年も鈴鹿でチャンピオンが決定。ハッキネンが勝てば逆転で連覇が決まるという中で、完璧なスタートを決めてトップに立つとそのまま優勝し、エディ・アーバイン(フェラーリ)を下した。

「鈴鹿サーキットは素晴らしいコースだ。ここにくれば記憶が鮮明に甦る。全てのコーナーでのブレーキング・ポイントを初め、全てのことが思い出される。シューマッハーとの戦い、アーバインとの戦い、それらが全て思い出される。彼らとの戦いでは非常に高い集中力、完璧な準備が要求された」

 そんな彼が最後にグランプリを戦った2001年から、F1は大きく様変わりした。彼は、現代のF1についてどう思っているのか。それを訊くと、彼は次のように答えた。

「僕がF1を走ってから20年近く経ったが、F1を走っている時には実に多くのことが起こった。でも、僕はひとつひとつを評価したり批判したりはしない。ひとつのことに拘ることもしない」

「今F1にやって来る若いドライバーにはテストの機会が少なく可哀想に思う。テストはもっと多い方がいい。彼らはテストで自分を鍛え、成長する。スポーツでは練習をして成長する。クルマやエンジンだって実際に走って初めて良くなる。今はシミュレーションが発達しているが、それでドライバーが学ぶことは限られていると思う」

「例えば若いドライバーがタイヤを理解する上では、ワンメイクより競争があった方がいい。ピレリに対して批判しているのではなく、一般的な話として言っている。レース自体が競争なんだ。いろんな意味で競争があった方がいい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します