現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 失速フェラーリ、バッテリー監視用センサー追加の影響否定。技術情報の流出は”重大な問題”だと警告

ここから本文です
スポーツ 2018.10.8

失速フェラーリ、バッテリー監視用センサー追加の影響否定。技術情報の流出は”重大な問題”だと警告

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェラーリが、日本GPもメルセデスに完敗を喫した。今回は、雨絡みの予選と決勝序盤の接触で自滅した感が強いものの、フリー走行からその劣勢は明らかだった。シーズン中盤はついにメルセデスの連覇を止めるかと思われていた強さはそこにはなかった。

 フェラーリがイタリアGP以降のレースでメルセデスに遅れをとっている理由のひとつとして、フェラーリ独自のデュアルバッテリー構造についてFIAが調査を継続していることが原因なのではないかと噂されている。FIAがバッテリーを監視するセンサーを追加したことで、フェラーリがそのメリットを発揮できなくなったのではないかと考えられているのだ。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 しかしフェラーリはこれを否定。チーム代表のマウリツィオ・アリバベーネは、マシンにセンサーが追加されたことが公然の秘密となっていることを強く懸念しているようだ。

「我々のバッテリーのレイアウトは非常に複雑だ。だからこそ、FIAからのリクエストに同意し共に作業をした。2つ目のセンサーが追加されたが、いずれにせよ我々のマシンのパフォーマンスは変わっていない」

 そうアリバベーネは『Sky イタリア』に語った。

「それにもかかわらず、誰もが2つ目のセンサーのことを知っているのはおかしいと思う。我々のバッテリーレイアウトは複雑だと言ったが、同時にそれはフェラーリの知的財産でもある」

「誰もがセンサーのことを知っているのと同じように、みんながそれを知っていることを願う。今後、誰にも我々のプロジェクトについて知らせるつもりはない。技術情報のリークは重要な問題になりかねない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します