現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ペレス7位「アグレッシブに戦い、ハースに勝った。最高のパフォーマンスを発揮できてうれしい」:フォース・インディア F1日本GP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.8

ペレス7位「アグレッシブに戦い、ハースに勝った。最高のパフォーマンスを発揮できてうれしい」:フォース・インディア F1日本GP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1日本GP決勝で、レーシング・ポイント・フォース・インディアのセルジオ・ペレスは7位、エステバン・オコンは9位だった。

■サハラ・フォース・インディアF1チーム
セルジオ・ペレス 決勝=7位
 いい結果になったね。現実的に考えて僕にとって最高の結果だった。昨日の予選は残念な順位に終わったけれど、そこから大きく浮上した。レースでは最大限の力を発揮できたと思っている。ペースはとてもよかったし、チームも素晴らしい戦略を実行してくれた。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 ハースを打ち負かすにはアグレッシブに行く必要があると分かっていた。ピットストップで(ロマン・)グロージャンをアンダーカットできそうだった。でも(シャルル・)ルクレールとのバトルでタイムを少し失っていたせいで、成功しなかった。

 でもバーチャル・セーフティカー(VSC)後のリスタートでグロージャンにかなり近づくことができ、チャンスがあると判断したから、抜きにいった。

 今日の自分たちのパフォーマンスに興奮している。懸命に攻めて、何度かオーバーテイクをしっかり決める必要があった。そうして素晴らしいレースをすることができたんだ。

エステバン・オコン 決勝=9位
 チームがたくさんポイントを獲得できたのはよかったけれど、僕自身は満足していない。昨日のペナルティに最終的な結果が影響したと思うからね。

 週末を通して速さを示し、チームとしては4番目の速さがあった。それでも、もっと上位でスタートしない限り、その速さをレースで見せるのは難しい。

 今日は楽しい瞬間もあった。何度もオーバーテイクを仕掛けなければならなかった。フレッシュタイヤを履いているときにはペース的に大きなアドバンテージがあり、最終的に僕らの戦略は成功したと思う。最後の何周ではグロージャンに追いついたが、仕掛けるチャンスには恵まれなかった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します