現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 小林可夢偉がインタープロトに参戦「楽しむことができた」/インタープロトシリーズ第5戦、第6戦

ここから本文です
スポーツ 2018.10.8

小林可夢偉がインタープロトに参戦「楽しむことができた」/インタープロトシリーズ第5戦、第6戦

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士スピードウェイで開催されているインタープロトシリーズの第5戦と第6戦が10月7日(日)に行われ、小林可夢偉がKCMGから参戦し、大きな注目を集めた。

 インタープロトシリーズは、元レーシングドライバーの関谷正徳氏がプロデュースし、2013年から開催されているワンメイクレース。使用するのは、4リッターV6エンジンをミッドシップに搭載した専用マシン『Kuruma』で、タイヤはヨコハマタイヤのワンメイク。レースはジェントルマンクラスとプロクラスに分けて開催され、各チームは必ずジェントルマンドライバーとプロドライバーの2人がエントリーをしなければならない。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 プロクラスでは、スーパーGTでチャンピオン経験を持つ松田次生、ロニー・クインタレッリに加え、スーパーフォーミュラ王者である石浦宏明や国本雄資らが参戦。さらに今季は全日本F3、スーパーGT300クラスで活躍する坪井翔や宮田莉朋もエントリーしており、通常のスーパーGTやスーパーフォーミュラでは見られないドライバーの組み合わせで、しかも同じマシンでのガチンコ勝負が楽しめるとあって、年々来場者数も増えているカテゴリーだ。

 そこに、この第5戦と第6戦は新たにKCMGが参戦。ジェントルマンドライバーにはチームオーナーであるポール・イップがエントリーし、プロクラスには同チームでスーパーフォーミュラに参戦中の小林可夢偉が参戦することになったのだ。

 今回の参戦に関しては、今年の早い段階から話があったとのことで、現在スーパーフォーミュラで所属しているチームということもあり小林はドライブすることを快諾したという。

 とはいえ、このマシンに乗るのは今回が初めての小林。他車と比べてもストレートスピードが伸び悩み、予選では10番手となった。

 第5戦の決勝ではスタート直後にクラッチに不具合が出たとのことで、1周目でピットイン。そのままリタイアとなってしまった。

 インタープロトでは第5戦終了時の結果が第6戦のグリッドとなる。チェッカーを受けた各車はすぐにグリッドに向かい第6戦がスタート。小林のマシンも修復を終え、最後尾からレースに臨んだ。ペースが上がらず前の集団についていくのが難しい状況だったが、それでも前を行く国本雄資(NETZ NOVEL MIE)をパスしポジションを上げたが、後半で再び抜かれてしまい10番手でチェッカーを受けた。

 なお、第5戦は山下健太(RSS・インタープロト)が、第6戦は坪井翔(J-Gear7 とおる君)が優勝を飾った。

 レースを終えた小林は、「いつも僕が出ているレースは“仕事”ですけど、これはエンジョイレースなので、すごく楽しむことができました。第6戦でも(国本)雄資とのバトルを楽しむ展開になりました」とコメント。今季彼が参戦してるWEC(世界耐久選手権)やスーパーフォーミュラ、スーパーGTとは違い、終始リラックスした表情で臨んでいたのが印象的だった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 吉田知弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します