現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダ|ピエール・ガスリー「最初のスティントが長すぎた。後から言うのは簡単だけど……」|F1日本GP

ここから本文です
スポーツ 2018.10.8

トロロッソ・ホンダ|ピエール・ガスリー「最初のスティントが長すぎた。後から言うのは簡単だけど……」|F1日本GP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1日本GPの決勝レースを11位でフィニッシュした。予選7位となり、好位置からのスタートだったが、レース終盤にカルロス・サインツJr.に抜かれてしまい、ポイント獲得を逃してしまった。

「良いスタートを決めて、ブレンドン(ハートレー)を抜くことができた。最初のスティントは素晴らしかった」

    ホンダ田辺テクニカルディレクター「まだまだ予選結果を維持するだけの力はなかった」

 ガスリーはチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「僕はロマン(グロージャン/ハース)の後ろを走り、マシンは良い感触だった。彼にはとても近かったんだ。でもその後、トラフィックに引っかかることを懸念して、最初のスティントをあまりにも速く走りすぎてしまった。そして、何台かのマシンが僕らをアンダーカットしていった」

「ピットではソフトタイヤを装着し、最初の数周はバトルやオーバーテイクなどを楽しんだ。でも次第にリヤタイヤの激しいブリスターに苦しみ、最後には生き残るのに精一杯だった」

 ガスリーは初日、そして2日目と、走行時間を失うトラブルに見舞われた。そのため十分なロングランを行うことができず、それぞれのタイヤのデータを、十分に収集することができなかった。このことも、タイヤ戦略を見誤った一因となった可能性も指摘されている。そんな中でも鈴鹿でポイントを獲得したかったと、ガスリーは語る。

「今日はもっとうまくできたかもしれない。だから、何が起きたのかをより深く分析する必要がある。おそらく僕らは、最高の選択をしたわけじゃない。でもそういうことは時には起きる。他の選択もできた可能性があるなんてことは、後で言うのは簡単だ」

「昨日の様な良い予選の後、(こういう結果になったことは)少し残念なことだ。今日、チームと日本が母国のホンダにポイントをもたらすことができたら、素晴らしかっただろう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します