現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アロンソ「押し出されたのにペナルティを受けるなんて理解不能」:F1日本GP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.8

アロンソ「押し出されたのにペナルティを受けるなんて理解不能」:F1日本GP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1日本GP決勝で、マクラーレンのフェルナンド・アロンソは14位だった。18番グリッドからスタートで15番手に上がったアロンソだが、ランス・ストロールに押し出されてコース外を走ったことで5秒のタイムペナルティとペナルティポイント1を科された。スチュワードの声明には「カーナンバー14(アロンソ)はコース外に押し出されたことは明らかだが、その後シケインをカットしてからコースに復帰したことで、大きなアドバンテージを得た」と記されており、アロンソはコーナーをカットしたことでポジションをゲインしたと示唆している。一方、ストロールは「アロンソと接触し、コース外に押し出した」と判断され、5秒ペナルティとペナルティポイント2を科された。

 アロンソはタイムペナルティのために最後尾に落ちたが、そこから順位を上げていき、14位でフィニッシュした。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

■マクラーレンF1チーム
フェルナンド・アロンソ 決勝14位
 結果はひどいけれど、走っていて楽しかった。オープニングラップはとてもうまく走ったと思う。ポジション争いが激しいなか、S字で抜きつ抜かれつのバトルをし、結果的にいくつかポジションを上げることができた。

 レース終盤の数周はウイリアムズや(マーカス・)エリクソンといいバトルをした。彼らは使い込んだタイヤで苦しんでいたんだ。

 僕らは週末を通してあまりにも遅すぎたが、それでもレースはとても楽しかった。

 序盤に5秒ペナルティを受けたことで、いくつも順位を失った。どっちみちポイント圏内にはいなかったから、大打撃というわけではないが、このスチュワードの決定は理解しかねる。(レース後に)ランスが言うには、僕が見えなかったということだが、あの時、彼がこっちに向かって来て、僕は押し出される形になった。行き場がなくて、コース外に避けるしかなかったんだ。

(ペナルティについてCrash.netに語り)相手のドライバーが謝罪に来ているというのに、この決定だ。F1がどれだけひどい状態か分かるというものだ。裁定がランダムで、一貫していない。相手が謝罪に来るようなインシデントなのに、グラベルに飛び出したことでペナルティを受ける。残念だよ。

 彼(ストロール)には僕が見えていなかったという。僕がいるのを知りながら芝生に押し出したのならまた別だけど、そうではないのだから、これは不運なインシデントにすぎない。

 結果としては、12位でフィニッシュできたところが14位になっただけだから、大した違いはないけどね。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します