現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン、ベッテルの”失速”に驚き「シーズン中盤までは非常に手強かったが……」/F1日本GP

ここから本文です
スポーツ 2018.10.7

ハミルトン、ベッテルの”失速”に驚き「シーズン中盤までは非常に手強かったが……」/F1日本GP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、シーズン後半に入ってセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の競争力が落ち始めたことに驚いており、このような状況になるとは予測していなかったと話した。

 4年連続で日本GPの優勝を飾ったハミルトン。今回のレースではタイトル争いのライバルであるベッテルが、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)との接触により後方に沈み6位でフィニッシュしたことで、ハミルトンは5度目のタイトルへと近づいた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 7月の時点では、ベッテルはハミルトンと8ポイント差でチャンピオンシップの首位に立っていたが、その後ハミルトンは7レースで6勝を挙げてベッテルを逆転し、日本GPを終えた時点で彼らの差は67ポイントまで広がった。

 これほどまでにベッテルとの差が開いたことに驚いているかとmotorsport.comが尋ねると、ハミルトンは「シーズン中盤まで、彼らはとても強かった」と述べた。

「その後モンツァへ行って、彼らはそこでもシンガポールでも強かった。だけどシンガポール以降、次第に競争力が落ち始めた」

「そうなるなんて、全く予測していなかった。彼らのパフォーマンスには以前ほどの競争力がないんだ」

「僕らは自分たちにできる最高の仕事をして、自分たちの能力を最大限に活かそうと集中してきた」

 シンガポールGPまでは、フェラーリはメルセデスよりもペース面で有利のようだった。メルセデスは伝統的にシンガポールを苦手としてきたが、今年はハミルトンがポール・トゥ・ウィンを飾った。

 フェラーリはこれまで、何度かポイントを取り逃がしてきた。特に大きな出来事だったのは、ベッテルが母国レースのドイツGPで単独クラッシュを喫したことや、イタリアGPでハミルトンと接触したことだ。

 そのイタリアGPでハミルトンが優勝し、さらにはそこから今週末の日本GPまで4連勝が続いていることもあって、彼はベッテルにミスの代償を思い知らせる形となった。

 メルセデスはフェラーリのアドバンテージをひっくり返し、ハミルトンはチームがこれを成し遂げたことを誇りに思うべきだと話した。

「目標を高いところに置かなければならない」

「シーズンが始まった時、僕たちは目標を高いところに掲げた。シーズン中盤になると、それを達成してサマーブレイクに入った」

「僕らはもっと強くなって戻ってくると確信して、プッシュし続けた。何かを達成したいと願うとは、こういうことだ。もちろん、常にこういう結果になるとは限らない」

「でも全員の素晴らしいハードワークがあって、こういう結果になったんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します