現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ガスリー「今日はポイントを獲れたはず。ベストといえるレースができなかった」:トロロッソ・ホンダ F1日本GP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.7

ガスリー「今日はポイントを獲れたはず。ベストといえるレースができなかった」:トロロッソ・ホンダ F1日本GP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1日本GP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは11位でフィニッシュ、惜しくも入賞を逃した。

 ガスリーは予選順位と同じ7番グリッドから、ユーズドのスーパーソフトタイヤでスタート、1回ストップの戦略で走った。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 ガスリーはスタート後もポジションを維持、29周まで走り続け、ソフトタイヤに交換。レース終盤まで10番手を走り続けたが、53周のレースの50周目にカルロス・サインツJr.にオーバーテイクされ、11位でチェッカーを受けた。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ピエール・ガスリー 決勝=11位
 いいスタートを決めて、ブレンドン(・ハートレー)をオーバーテイクした。ファーストスティントはとても好調だった。ロマン(・グロージャン)の後ろを走り続けている間、マシンの感触はよく、一時は彼にかなり近づくことができた。

 でも僕らはピットストップを遅らせすぎたと思う。コースに復帰した時にトラフィックのなかに出るのを避けたかったためにファーストスティントを伸ばしたのだが、その結果、何台かにアンダーカットされてしまった。

 ソフトタイヤに交換した後、コース上でバトルをし、序盤数周の間にはオーバーテイクを成功させることもできた。でもリヤタイヤにひどいブリスターができてしまい、なんとか最後まで持たせることに集中しなければならなかった。

 今日はもっといい結果を出せた可能性があったと思うので、詳細な分析をする必要がある。最善の決断を下したとはいえないからね。でもそういうことは時にはあるし、後になってから、違う選択をした方がよかったと言うのは簡単だ。

 昨日はあれほどいい予選ができただけに残念だ。ホンダのホームレースでポイントを獲得できれば、チームやホンダの皆の努力に最高の形で報いることができたのに。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します