現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリ代表、予選での”常識に欠けた”タイヤ選択に激怒「受け入れられない」|F1日本GP

ここから本文です
スポーツ 2018.10.7

フェラーリ代表、予選での”常識に欠けた”タイヤ選択に激怒「受け入れられない」|F1日本GP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1日本GPの予選では、キミ・ライコネンが4番手、セバスチャン・ベッテルが9番手に終わったフェラーリ。チーム代表のマウリツィオ・アリバベーネは、常識に欠けたタイヤ選択は受け入れられないと語った。


 予選Q3開始直前に強まった雨を見て、フェラーリはインターミディエイトタイヤを装着してドライバーふたりを送り出した。しかし路面はそれほど濡れておらず、すぐさまピットインしスリックタイヤに交換することになり、走行時間をロスした。

    フェラーリ、タイヤ選択で大失敗も……ベッテル「誰かを責めたりはしない」|F1日本GP予選

 ベッテルとライコネンは何とか1周はタイム計測することが出来たが、うまくラップをまとめられなかった。その後雨が強まり、タイム更新は絶望的に。ライコネンが4番グリッド、ベッテルは他のドライバーのペナルティがあったため、繰り上がりで8番グリッドから決勝に臨む。


 予選後、ベッテルは「誰のことも責めない」とコメントしていたが、アリバベーネはそれほど”慈悲深く”はないようだ。

「終わった後から考えれば、ポールポジションは我々の手の届くところにはなかったと思うが、今日起きたことは容認できない」と、彼はmotorsport.comに語った。

「私はとても怒っている。このようなことが起きたのは初めてではない。誰かのことを(犯人だと)指差すつもりはないが、とても失望している」

 アリバベーネは誰か個人のミスではなく、ピットウォールでの意思決定プロセスが十分ではなかったと明かしており、経験豊富なスタッフからの指導が足りていなかった可能性があると示唆した。

「他の場面とは違って、トラックで何が起きているかを理解するのは容易だ。ライバルたちは全員スリックタイヤでピットを出ていっているからだ」と彼は付け加えた。

「時にはコンビューターから目を離して、常識を使ってトラックを見るということが役に立つ」

「我々は若いチームであり、状況を正確かつ迅速に読み取ることができる経験豊かなベテランが不足している可能性が高い」

 ベッテル自身は最近の間違いを受けて、チームがもっと向上できると学ぶことが重要だと述べた。

「それほど何かが欠けているとは思わない」

「僕たちが何度か間違っていたことは確かかもしれないが、とてつもないミスがあったとは思えない」

「僕たちには有利に働かなかったが、なぜ他の人たちがうまくやれたのかを理解する必要がある」

 チームはこれから、今回のミスに対してどんな対応をするのが最善なのかを検討していくことになるが、冬に待ち構えているであろう広範囲に及ぶ組織変更を前に、何らかの変更を行う可能性を排除していない。

「算定はシーズンが終わってから行われるが、必要に応じて介入することになるだろう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Roberto Chinchero)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します