現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハートレー、自己最高の予選6番手に感無量「ホンダのアップデートがなければQ3進出はできなかった。明らかに速さが向上」トロロッソ F1日本GP土曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.6

ハートレー、自己最高の予選6番手に感無量「ホンダのアップデートがなければQ3進出はできなかった。明らかに速さが向上」トロロッソ F1日本GP土曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1日本GPの土曜予選で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは6番手を獲得した。

 午前のFP3でハートレーは13番手タイムを記録。予選ではまず14番手でQ1を通過した。Q2では10番手タイムでQ3進出を決め、雨がらみの難しいコンディションとなったQ3ではチームメイトのピエール・ガスリーより上位の6番手を獲得した。これはハートレーにとって今季ここまでの予選最高位にあたる。

    ホンダ田辺TD「6番手、7番手は素晴らしい結果。新仕様PUの問題を解決し、地元ファンの前でいい予選ができてうれしい」:F1日本GP土曜

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ブレンドン・ハートレー 予選=6番手
(Sky Sportsに対して語り)最高にうれしい。この数カ月、細かいことを積み重ねてきて、少しずつ自分がよくなってきたのが分かっている。物事がいい方に進んできたんだ。

 今日、新しいパワーユニットで走り、トリッキーなコンディションのなか、今週末初めて走ったこの鈴鹿というドライバーズサーキットで予選6番手を獲得できた。ものすごくうれしいよ。

(ホンダの新仕様“スペック3”について語り)うわさされているように0.5秒速くなったかどうかは知らないけれど、速くなったということは間違いない。今まではブダペストのウエットコンディションの時以外は、Q3にチャレンジできなかった。(パワーユニットのアップグレードで)速くなったのは確かだよ。ラップタイムにそれが表れている。

(Racefansに語り)インラップでは感情が込み上げてきた。僕はあまりそういう風にはならないんだけどね。この1カ月ほどはフラストレーションがたまってきていた。僕はだんだん良くなってきていて、強くなっているというのに、人には話せないようなことがいろいろと起きていたんだ。でも今日はすべてうまくいった。すごくうれしい。

 自分はよくなっているのに、それを示すチャンスがなかった。今日はすごくプレッシャーが大きかっただけに、最高の気分だ。この予選を誇りに思う。ホンダにとってもよかった。ホンダには心から感謝したい。アップデートがなければQ3には進めなかったと思う。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します