現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1技術解説:シンガポールGP以降のメルセデス躍進に一役買った新ブレーキ冷却システム

ここから本文です
スポーツ 2018.10.8

F1技術解説:シンガポールGP以降のメルセデス躍進に一役買った新ブレーキ冷却システム

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1の開発はとどまるところをしらず、毎グランプリ、新しいパーツが導入されている。F1iのテクニカルエキスパート、ニコラス・カーペンティアーズがシンガポールGPからメルセデスが導入したブレーキ冷却システムを紹介、分析する。

――――――――–

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 メルセデスF1は9月の第15戦シンガポールGPから、新たなブレーキ冷却システムを導入した。ブレーキディスクをぐるりと覆っていたドラム部分のうちのほぼ3分の2を、メルセデスはおもいきって削り取った(黄色矢印参照)。

 それまでのドラム部分は、下部に痕跡を留めるのみである(白色矢印)。これはいうまでもなくブレーキング時にカーボンディスクから発生する高熱を、より効率良く排出することが目的だ。

 メルセデスマシンは伝統的に、リヤタイヤがオーバーヒートする傾向がある。その結果たとえば直角コーナーが多くリヤのトラクション性能が重視されるシンガポールではタイヤが持たず、フェラーリの後塵を拝することが多かった。

 メルセデスは8月末のベルギーGPで新型ホイールを導入しており、今回新設計されたドラムとの相乗効果で、リヤタイヤの温度をより緻密に調節できるようになったといえる。

 ちなみに今のF1では、高温のコンディションではブレーキの熱を効率良く排出し、逆に寒い時、タイヤの温まりに苦労する時には逆にその熱をタイヤに伝えるといった、きめ細かなマネージメントを行なっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • pxn*****|2018/10/08 20:49

    違反報告

    Mercedes-AMGは、細かい部分の改良の積み重ねが現在の好戦績に繋がっている。

    流石だ。

  • arm*****|2018/10/16 09:41

    違反報告

    この記事を読んで、なんで最近のF1がタイヤのセットアップに苦しんでるのか判ったような気がする。
    カーボンブレーキは適正温度が高いのであまり冷却しないのは知っていたが、その熱がタイヤマネージメントに影響してるとは知らなかった。
    フリー走行では良かったのに予選や決勝でブリスターで苦しむのはこう言う事か。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します