現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRCラリーGB:連勝中のタナクがトップ浮上。ラトバラ、ラッピのトヨタ勢3~4番手に続く

ここから本文です
スポーツ 2018.10.6

WRCラリーGB:連勝中のタナクがトップ浮上。ラトバラ、ラッピのトヨタ勢3~4番手に続く

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WRC世界ラリー選手権第11戦ラリーGBは10月5日、SS2~9が行われ、オット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が総合首位に浮上。28.8秒差の総合2番手にティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)、その2.5秒差でヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)が続いている。

 ラリーGBの本格的な競技スタートとなった5日はウエットコンディションとなり、グラベル(未舗装路)主体の路面も雨で濡れた影響で泥状になっている箇所があるなど、難しいコンディションとなった。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 競技開始前のシェイクダウンでクラッシュするアクシデントがあったタナクだが、オープニングのSS2でトップタイムを刻んで総合首位に浮上すると、続くSS3~4も制してリードを拡大。SS5を終えた時点で9.7秒のリードを構築する。

 午後に入ってもタナクのペースは落ちることなくSS7~8も優勝。28.8秒までリードを広げて、第8戦から続く連勝記録更新へ好スタートを切った。

 走行を終えたタナクはWRC公式サイト『WRC.com』に対し、「本当にいい1日だった。マシンセッティングは正しい方向に進んでいるようだし、本当にグリップレベルが低い状況でも戦闘力を発揮できた」とコメントしている。

 総合2番手のヌービルは午前中の走行ではマシンのハンドリングがコンディションにマッチせず、ジャンクションでオーバーシュートする場面がありSS4を終えた時点では総合6番手だった。

 しかし、その後に行ったセッティング変更が功を奏し、SS5では今大会初のステージ優勝を獲得。またSS8ではステージ2位タイムを刻んで、総合4番手から総合2番手までジャンプアップを果たしてみせた。

 総合3番手はラトバラ、総合4番手はエサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)とトヨタ勢が続き、総合5番手にはセバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)が続いた。

 オジエはSS3終了時点では総合3番手だったものの、その後に1速ギヤと2速ギヤを失うトラブルがあり後退。一時は総合8番手までポジションを落としたが、ポジションを3つ上げて競技2日目を終えた。

 競技3日目となる6日(土)はSS10~18までの9SSで開催。この日は早朝5時30分にスタートを迎えるため、ドライバーは15時間以上に渡りステアリングを握り続けることになるほか、日中にはマシンをメンテナンスできるサービスが設定されていないため、トラブルを避ける走りが求められる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します