現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ「新スペックPUはドライバビリティとパフォーマンスの面で改善。ハードワークで再導入してくれたホンダに感謝」:F1日本GP金曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.5

トロロッソ「新スペックPUはドライバビリティとパフォーマンスの面で改善。ハードワークで再導入してくれたホンダに感謝」:F1日本GP金曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1日本GPの金曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=11番手/2=13番手、ブレンドン・ハートレーはフリー走行1=17番手/2=10番手だった。

 FP2でガスリーは燃料システムにトラブルがあり、セルのパーツを交換しなければならなかったため、セッション終盤まで走行できなかった。しかしガスリーはわずか10周の走行のなかで、13番手とまずまずの位置で走行を終えている。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
チーフレースエンジニア ジョナサン・エドルズ
 FP1では空力とメカニカルなセットアップのテストに取り組み、とても有意義な時間を過ごした。ブレンドンはインスタレーションラップでエアロレイクを装着して走行、風洞およびCFDと実際のコースとの相関性を改善するため、データ収集に取り組んだ。

 鈴鹿はきわめて高速なサーキットであり、マシンが空力面で一貫した状態であれば、それがメリットになる。そのためここには新パーツを持ち込み、テストを行った。パーツはうまく機能したので、2台でそのまま使用し続けることにした。

 もうひとつ今回の大きな焦点となるのは、ホンダの最新仕様のパワーユニットを再導入したことだ。ロシア後、彼らはダイナモでハードワークにあたり、マッピングやキャリブレーションの作業に取り組んだ。それによる変更はすべて予想どおり機能している。最新仕様のPUはドライバビリティとパフォーマンスの面で改善しており、ホンダには感謝する。

 ブレンドンはFP2においてスムーズで有意義な時間を過ごし、バランスが向上、マシンからいいラップを引き出すことができた。一方でピエールにとっては実りのないセッションになってしまった。燃料システムの問題がコースイン前の始動の際に発覚し、セルのパーツを交換しなければならなくなったのだ。通常この作業には少なくとも2時間かかるが、メカニックたちが頑張って記録的な早さでパーツを交換してくれた。そのおかげでピエールはセッション終盤にコースに出ることができた。

 しかし彼のセッションに大きな影響が出たことは事実だ。この時間帯、他のマシンはレースシミュレーションを行っていたため、ピエールはファストラップをDRSを使用しながら走ることになった。だが、なんとかトラフィックのなかで小さな隙間を見つけ出せたので、彼にバランスを確認させることができた。

 マシンは比較的競争力がありそうなので、FP3以降、スムーズに走れるよう、今夜取り組んでいくつもりだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します