現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ガスリー「マシンの感触はよかったが、トラブルで午後はほとんど走れず。予選までに挽回したい」:トロロッソ・ホンダ F1日本GP金曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.5

ガスリー「マシンの感触はよかったが、トラブルで午後はほとんど走れず。予選までに挽回したい」:トロロッソ・ホンダ F1日本GP金曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1日本GPの金曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=11番手/2=13番手だった。

 FP2でガスリーは燃料システムにトラブルがあり、セルのパーツを交換しなければならなかったため、走行をスタートできたのがセッション残り20分ごろだった。しかしガスリーはわずか10周の走行のなかで、1分30秒795の13番手とまずまずの位置につけた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ピエール・ガスリー フリー走行1=11番手/2=13番手
 午前中には数周走った段階でマシンにいい感触を得ることができたので、ポジティブだったし、いいセッションになった。役に立つ、いいデータを集めることができた。

 でも残念ながら午後のFP2では問題に見舞われて、あまり多くの周回を走ることができなかった。パフォーマンスを追求したプッシュラップは1周しか走れず、その後も数周の長めの走行を行っただけだった。つまりあまり多くのことは学べなかった。

 でもブレンドン(・ハートレー)がスムーズなセッションを過ごせたから、彼のデータを活用して、明日の予選でいい結果を出すため、パフォーマンスの改善に取り組むことができると思う。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します