現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 鈴鹿でスペック3のPU使用のトロロッソ「週末を通して使い続けたい」/F1日本GP

ここから本文です
スポーツ 2018.10.5

鈴鹿でスペック3のPU使用のトロロッソ「週末を通して使い続けたい」/F1日本GP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トロロッソは、今週末の日本GPでスペック3と呼ばれる最新仕様のホンダ製パワーユニットを使用する。ロシアGPでは初日しか使用できなかったが、ピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーは、週末を通してこのパワーユニットを使い続けたいと語った。

 前戦ロシアGPの金曜日、スペック3のパワーユニットを投入したホンダだったが、土曜日以降は旧型のパワーユニットを使用した。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 今週に入ってから、ホンダはテストベンチでパワーユニットのアップグレードを再チェック。その結果、日本GPでもう一度スペック3のパワーユニットを使用することが決定した。

 これについてガスリーは、「パフォーマンスのゲインがあったと思う。ソチで話したように、そのゲインがどれくらいのものかはわからないけど、僕はポジティブに考えている」と話した。

「全てを引き出すためにいくらか微調整をして、もっとこのパワーユニットで走る必要がある」

「(テストベンチと)同じような走行結果になってほしい。レースウィーク全体を通してこのパワーユニットを使うのは初めてなので、どうなるか見てみよう」

「パフォーマンスの点では、この数週間よりも楽観的に捉えている」

 先週末は、コース上でパワーユニットに予期せぬ振動が発生しでおり、もっと正確にキャリブレーションが必要だと判断された。

「(もし走ってみてパフォーマンスが向上していたら)明日それをお伝えしよう。この部分は、僕らがソチで改善しなければならない箇所だった」とガスリーは付け加えた。

「(ロシアGPの)レースの後、チームはすでにテストベンチで作業を行っていた」

 チームメイトのブレンドン・ハートレーは、ソチで新しいパワーユニットを投入したことについて、”新エンジン投入に向けて、マッピングなど全ての点を学ぶための練習”だったと説明した。

 彼らは日本GPを前に栃木県さくら市にあるホンダのファクトリーを訪問し、そこでパワーユニットのアップグレードに関する作業を見学した。これを見た後で、ハートレーは、週末を通してこのパワーユニットを使用したいと語った。

「さくらでテストベンチを見て、彼らが毎週(作業に)取り組んできたことを知った。どうやって作業が行われているのかを見ることができて、とても興奮したよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します