現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルノーF1の不振にプロストが深刻な懸念。「チームの戦闘力が退化している」

ここから本文です
スポーツ 2018.10.3

ルノーF1の不振にプロストが深刻な懸念。「チームの戦闘力が退化している」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前戦ロシアGPでは、まったくいいところのなかったルノーF1。同チームのスペシャルアドバイザーを務めるアラン・プロストは、「このままではシーズン終盤に、戦闘力がいっそう落ちて行く恐れがある」と、深刻な懸念を表明した。

 2019年シーズン用のマシン開発に資源を集中させ、現行マシンのアップデートを終了したのが最大の理由だが、それはライバルチームも程度の差こそあれ同様だ。2018年シーズンはコンストラクターズ選手権選手権で、トップ3に次ぐ4位に付けるのを目標にしているルノーF1。しかし5位のハースにじりじりと迫られ、現在11ポイント差しかない。

    【津川哲夫の私的F1メカ】クラッシュの被害を最小限に留め、ハロとともにコクピットを守る日本製の最新ロープ

「車体もパワーユニットも、来年に向けての開発しかしていないのは確かだ。だがライバルたちと比べて、相対的に戦闘力が落ちている」と、プロストは仏カナル・プリュスのインタビューでコメントした。

「特にここ数週間の落ち込みがひどい。本来なら3強チームとの差を詰めるべきだったのが、逆に引き離され、ハースやフォース・インディア、ザウバーにもかなわないレースが続いている」

 プロストがひときわ心配しているのが、パワーユニットの退化である。

「ハースやフォース・インディアの躍進は、明らかにフェラーリやメルセデス製パワーユニットの進化にも助けられている。車体性能では、決して大きな遅れはないと信じている。しかしパワーユニットに関しては、同じリズムの進化ができていないね」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します