現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーフォーミュラ 最終戦】次世代マシン「SF19」、佐藤琢磨と中嶋一貴がデモラン

ここから本文です
スポーツ 2018.10.2

【スーパーフォーミュラ 最終戦】次世代マシン「SF19」、佐藤琢磨と中嶋一貴がデモラン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴鹿サーキットは、「2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦 第17回JAF鈴鹿グランプリ」(10月26日~28日開催)にて実施する次世代マシン「SF19」のデモランに佐藤琢磨選手と中嶋一貴選手を起用すると発表した。

ホンダエンジン搭載車両とトヨタエンジン搭載車両、2台のSF19による初の同時デモランは10月28日のピットウォーク中に実施。2017年日本人初のインディ500チャンピオンとなった佐藤琢磨選手と、スーパーフォーミュラ現役ドライバーで2018年のル・マン24時間レースを制覇した中嶋一貴選手がステアリングを握る。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

スーパーフォーミュラ最終戦 JAF鈴鹿グランプリの前売観戦券(3日間通し)は鈴鹿サーキットオンラインショッピングサイトなどで発売中。ゆうえんちモートピアパスポート付き(1日分)が中学生以上4000円、小学生3100円、幼児(3歳~未就学児)2000円。観戦券のみ(大人は設定なし)は中・高校生1700円、小学生800円、3歳~未就学児600円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します