現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2019年登場の新型アストンマーチン・バンテージGT3、VLN8にテスト参戦へ

ここから本文です
スポーツ 2018.10.2

2019年登場の新型アストンマーチン・バンテージGT3、VLN8にテスト参戦へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アストンマーチンは2018年6月にル・マンで世界初公開した新型GT3カー『アストンマーチン・バンテージGT3』を、10月6日に開催されるVLNニュルブルクリンク耐久シリーズ第8戦でレースデビューさせると発表した。

 2012年にデビューしたV12バンテージGT3の後継機として開発され、2019年3月の公認取得を目指す新型バンテージGT3は、ベース車のフルモデルチェンジにあわせてボディスタイル、パワートレインが一新されたアストンマーチンの新型GT3マシンだ。

    アストンマーチン、ル・マンで新型バンテージGT3&GT4を公開。19年3月の公認目指す

 アストンマーチン・レーシング(AMR)によって、すでにWEC世界耐久選手権のLM-GTEプロクラスに投入されているバンテージAMRの派生モデルとして知られる同車は、4リッターV8ツインターボエンジンをフロントに搭載。可変ブーストによって最大545馬力を発揮する。

 そんな新型バンテージGT3は、ワールドプレミアされたル・マンのサルト・サーキットで、アストンマーチン主宰したイベントレースへ出場した以外にレース参戦経歴はなく、今回のVLN8が初めての公式戦となる。

 アストンマーチンは今後の開発やマーケティングにも影響するこのテスト参戦に際し、ワークスドライバーのダレン・ターナーと同じくAMRドライバーのマキシム・マルタンの起用を発表。前戦のVLN7で同じくGT3未承認の『ポルシェ911 GT3 R』を走らせたファルケン・モータースポーツと同様に、SP-Xクラスから“ノルドシュライフェ”の4時間耐久レースに臨む。

「ニュルブルクリンクで新型『バンテージGT3』の初めてのレースを任せてもらえたことは僕にとって大きな栄誉だ」と語るのは3度のル・マンウイナーであるターナー。

「ノルドシュライフェはGTレースの“心のふるさと”のような特別な場所だ。だから新しいプログラムを始めるうってつけだと思う」

「巨大なコースはクルマにとって大きな挑戦の場となる同時に、僕らがバンテージGT3の限界を見つけ、それを広げるのに必要な舞台と言えるだろう」

 また、今年5月のニュルブルクリンク24時間にターナーらと参戦したマルタンは「僕たちは古いクルマ(V12バンテージGT3)で過去最高位の総合4位を獲得しているから、新しいクルマのパフォーマンスを知るのを待ちきれないんだ」

「このプロジェクトは大きなチャレンジであり、新車開発の一環としては素晴らしいものだと思うよ。僕たちはGTEバージョンの理解があるので、その派生モデルである新型GT3がノルドシュライフェでどのような反応をみせてくれるのか興味深いところだね」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します