現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 鈴鹿開催のスーパーフォーミュラ最終戦で佐藤琢磨と中嶋一貴が競演。SF19デモランを担当

ここから本文です
スポーツ 2018.10.2

鈴鹿開催のスーパーフォーミュラ最終戦で佐藤琢磨と中嶋一貴が競演。SF19デモランを担当

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 鈴鹿サーキットで10月26~28日に開催される『2018年全日本スーパーフォーミュラ選手権最終戦第17回JAF鈴鹿グランプリ/FIA WTCR Race of Japan』で、スーパーフォーミュラ向け次期型マシン『SF19』のデモランが決定。佐藤琢磨と中嶋一貴がステアリングを握ると発表された。

 スーパーフォーミュラでは2019年シーズンから、“クイック&ライト”のコンセプトを昇華させた新型シャシーSF19を導入。すでに富士スピードウェイを始めとする国内各地のサーキットでテスト走行やデモランが繰り返されている。

    佐藤琢磨、レイホール・レターマン・ラニガンとの契約を更新。2019年もインディカー参戦へ

 そんな新型シャシーのデモランが2018年シーズン最終戦の鈴鹿でも行われることになった。なお、今回のデモランは初めてホンダエンジン搭載車、トヨタエンジン搭載車の2台が同時に走行する形で行われる。

 そしてデモランにはホンダとトヨタのビッグネームが顔をそろえることになった。ホンダエンジン搭載車をドライブする琢磨は、2017年のインディ500ウイナー。トヨタエンジン搭載車をドライブする一貴は2018年6月のル・マン24時間ウイナーと、どちらも世界三大レースのひとつを制している、日本が世界に誇るドライバーたちだ。

 また、琢磨が国内サーキットを走行する姿を見られるのは、オフシーズンのイベントなどに限られていることもあり、今回のデモランは走行シーンを見られる貴重な機会と言える。

 SF19デモランは、10月28日(日)9時40~10時30分に行われるピットウォーク中に開催予定。琢磨と一貴による夢の競演をお見逃しなく。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します