現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > “ナンセンス”なF1ロシアGP予選にアロンソが批判。「F2レースの方が楽しめたよ」

ここから本文です
スポーツ 2018.10.2

“ナンセンス”なF1ロシアGP予選にアロンソが批判。「F2レースの方が楽しめたよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一部チームが戦略的判断によりF1第16戦ロシアGPの予選走行を制限したことに関して、マクラーレンのフェルナンド・アロンソは“ナンセンスな”セッションにF1ファンは不満を抱いただろうと考えている。

 レッドブル、トロロッソ・ホンダ、マクラーレンは、パワーユニット交換によりグリッドペナルティを科されており、またルノーはピレリのハイパーソフトタイヤでのスタートを避けたことから、3分の1のチームがQ1とQ2で最小限の周回しかせず、パフォーマンスを出し切ることはなかった。

    アロンソ「今週末は入賞できるだけの強さがなかった。次の鈴鹿に期待」:F1ロシアGP日曜

 意図的にガレージに残ることはアロンソにとってはよくあることだが、チームの決断は、観客にとっては不公平なものだったと認めている。

「僕たちは構わない。よくあることだし、なにがどうであれ従うよ」とアロンソは語った。

「でもファンにとっては問題かもしれないね。ナンセンスなQ1やほとんど重要性がなかったQ2のことをどう思うかファンに聞いてみるといい」

「少なくとも観客はF2レースの方が楽しめたと思う。観客にとっては、土曜日で最も楽しいことだったに違いない」

 予選トップ10内のドライバーはすべて、事実上ピレリのハイパーソフトをレースのスタート時に履くことになる。

 しかしハイパーソフトは耐久性に難があり、ペースをそれほど落とさず可能な限り速く走行するオープニングスティントにおいて、タイヤマネジメントにかなりの労力を割かなければならない。

 ルノーのドライバーたちは、Q2に進出した3台のマシンのグリッドペナルティが決まっていたため、レーススタート時に自由にタイヤを選ぶため、意図的にQ3進出を避け11番・12番グリッドを手にする決断を下していた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します