現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > KONDO RACING、2019年に2つの新たな挑戦。ニュルブルクリンク24時間、スーパーGT300クラスにも参戦

ここから本文です
スポーツ 2018.10.1

KONDO RACING、2019年に2つの新たな挑戦。ニュルブルクリンク24時間、スーパーGT300クラスにも参戦

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月1日(月)、KONDO RACINGは2019年から新たに取り組むモータースポーツ活動を発表。6月に開催されるニュルブルクリンク24時間レースに参戦する他、日産グループの整備専門学校である「日産・自動車大学校」との合同プロジェクトとして、スーパーGT300クラスに参戦する。

 ニュルブルクリンク24時間レースへの参戦については、ドライバーに松田次生/高星明誠/藤井誠暢/トム・コロネルを起用。参戦車両はNISSAN GT-R NISMO GT3 2018年モデルとなっており、2019年~2021年の3カ年計画で臨むという。メカニックには、「NISMOパフォーマンスセンター」のテカニカルスタッフが派遣される。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 またKONDO RACINGは、「真のクルマ好き人財、組織に通用する人財の育成を、モータースポーツを通じて実現していく」との目的から日産・自動車大学校との合同プロジェクトとして、2012年からスーパー耐久にNISSAN GT-R NISMO GT3を使用し参戦してきた。

 来年から、このプロジェクトをさらに強化。新たにチームを結成し、GT300クラスに参戦するとのことだ。日産・自動車大学校の学生だけでなく、全国の日産自動車販売会社のテクニカルスタッフもメカニックとして参加するという。なお、GT300クラスのプロジェクトに起用されるドライバーは未定。タイヤメーカーは横浜ゴムとなる。また従来通り、GT500クラスへの参戦も続けられる、

 両プロジェクトともに、日産自動車のモータースポーツ活動を担うニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(NISMO)が技術支援を実施する。

■日産自動車 専務執行役員 星野 朝子 コメント
「日産とKONDO RACINGは、これまで日産・自動車大学校の学生育成や、メカニックという仕事の魅力向上に向け、共に取り組んで参りました。新たなチャレンジであるニュルブルクリンク24時間レースとSUPER GT GT300クラスに学生や販売会社のスタッフが参加することは、更なる現場の士気向上、クルマに関わる若者の人財育成、さらには日本市場活性化に繋がることと、大変嬉しく思っています」

「ひとりひとりが、自分の役割を真摯に受け止め、責任を持って取り組み、そして、経験を糧に未来に羽ばたくことを祈っています。我々日産自動車は、このプロジェクトを全力でサポートし、近藤監督と共に、真のクルマ好きを育てていく者として、日本国内のみならず、グローバルにも飛躍できる人財の発掘と育成に邁進して参りたいと思います」

■エムケイカンパニー 代表取締役社長 近藤 真彦 コメント
「2000年にKONDO RACINGが発足し間もなく20年となり、新たなグローバルチャレンジとして初めてNISSAN GT-Rでのニュルブルクリンク24時間レース挑戦となりますが、常にチャレンジ精神を大切に、このプロジェクトを支えていただいている多くの方々の希望と夢と共に全力で取組んでいきたいと思います」

「また7年継続してきた日産・自動車大学校とのプロジェクトは、スーパー耐久を主戦場に約1万人の学生と切磋琢磨してきました。学生の皆さんには『勝負の厳しさ』や『ドライバーの命を預かるメカニックの責任の重さ』を学んでもらいましたが、逆に我々プロのレーシングチームも彼らから得るものも多くありました。
GT300というより厳しい戦いの中でも『継続は力』と『チャレンジ精神の大切さ』を忘れず、活動していきたいと思います」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します