現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン「優勝してこれほど落ち込んだのは初めて」。ボッタスとの順位交代はチームの判断と明言:F1ロシアGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.10.1

ハミルトン「優勝してこれほど落ち込んだのは初めて」。ボッタスとの順位交代はチームの判断と明言:F1ロシアGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ロシアGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは今季8勝目を飾った。バルテリ・ボッタスがポールポジションからレースをリード、ハミルトンは2番手を走ったが、ピットストップでセバスチャン・ベッテルに抜かれてしまう。ハミルトンは自力でオーバーテイクし、2位を取り戻すが、ベッテルが僅差でついてきていたため、チームはボッタスにハミルトンを前に出すよう指示した。ハミルトンはこの優勝で、タイトル争いのライバル、ベッテルとのポイント差を50点に拡大、王座に大きく近づいた。

■メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ
ルイス・ハミルトン 決勝=1位
 バルテリは週末を通して素晴らしい仕事をした。彼は今、タイトルを争う立場にはないとはいえ、僕を前に出してくれるなんて、本物の紳士だ。通常なら(1-2を飾れば)皆で喜ぶけれど、バルテリがどれだけ辛い思いをしたか、僕には分かる。彼は優勝にふさわしい、素晴らしい仕事をした。

    ポールポジションのボッタス「今は、ルイスを助けることではなく、優勝することしか考えていない」:F1ロシアGP土曜

 僕が記憶する限り、F1の歴史のなかでこれほどおかしな日はないと思う。チームがこの決断を下した。すごく変な感じで、気分が落ち込む。これほど誇りに思えない勝利はない。

 チャンピオンシップのリードを広げたいと思うのは当たり前のことだ。僕らはチームでふたつの選手権を戦っている。でもトップでフィニッシュしてこんな気持ちになったのは初めてだ。

 バルテリに対しては、僕が頼んだことではないこと、チームがこうすべきだと考えたのだということを伝えた。それでも僕としては気まずい思いだ。
 こんなことをしてくれるチームメイトは多くはいない。

 無線でチームから「バルテリが前に出してくれる」と伝えられた。僕はそんなことは望んでいなかった。だからチームに「バルテリにペースを上げるよう言ってくれ。すぐ後ろにセバスチャンがいるから」と言ったんだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します