現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ田辺TD「トラブルでダブルリタイアに終わり非常に残念。日本GPではいいレースをしたい」:F1ロシアGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.9.30

ホンダ田辺TD「トラブルでダブルリタイアに終わり非常に残念。日本GPではいいレースをしたい」:F1ロシアGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ロシアGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーはともにリタイアに終わった。

 パワーユニットのエレメント交換によりふたりはグリッド降格ペナルティを受け、ガスリーは17番グリッド、ハートレーは20番グリッドからスタートした。タイヤはガスリーはソフト、ハートレーはハイパーソフトを装着、2台で戦略を分けてレースに臨んだ。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 しかしふたりは序盤に相次いでスピン、ピットに呼び戻された。チームは2台をリタイアさせること、マシンの問題について調査を行っていることを発表。ガスリーとハートレーはともに4周リタイアという結果になった。

 リタイアする前にガスリーはブレーキの問題を示唆していたが、トラブルの詳細についてはレース終了1時間後の時点では正式には明らかにされていない。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ホンダF1テクニカルディレクター田辺豊治
 週末を通してチームメンバー全員が懸命に作業してきただけに、スタート直後にトラブルにより2台ともがレースを終えなければいけなかったことは非常に残念でした。

 来週の金曜には日本グランプリが迫っていますので、ここからは気持ちを切り替えて準備を進めます。日本のファンの前でいいレースができればと思っています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します