現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【WRC】帝王セバスチャン・オジェ、2019年はシトロエンに移籍

ここから本文です
スポーツ 2018.9.30

【WRC】帝王セバスチャン・オジェ、2019年はシトロエンに移籍

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界ラリー選手権(WRC)で2013~17年に個人5連覇を達成、今季もタイトル争いを展開中のセバスチャン・オジェは、来季2019年をシトロエンに移籍して戦うことを決めた。

現在34歳のオジェ(国籍フランス)は、フォルクスワーゲン(VW)で13~16年にWRCを4連覇。VWのワークス撤退後、17年はフォード車で戦うMスポーツ陣営に移籍し、個人5連覇を達成した。今季もMスポーツ(今季のチームエントリー名にはフォードが入っている)で戦っており、全13戦中10戦終了時点でランキング3位、逆転での6連覇を目指す状況にある。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

そのオジェが、来季2019年はシトロエンのワークスに移籍することを決めた。盟友であるコ・ドライバー、ジュリアン・イングラシアも随伴移籍するが、彼らにとってシトロエンは古巣でもある。オジェは、「3つの異なる“コンストラクター”のマシンで世界タイトルを獲る、簡単ではないが、それに挑戦できることに興奮しているよ」とコメントし、VW、フォード(Mスポーツ)、そしてシトロエンでの世界王座獲得に向けて燃えている。

ちなみに今季2018年のタイトル争いは、ヒュンダイのT.ヌービルが現在首位で177点。これにトヨタのO.タナクが164点で続き、オジェは現在154点で3番手。ここ6戦、オジェには勝ちがなく、勢いや流れの面では見劣るところもあるが、残り3戦、各ラウンド原則として最大30点獲得可能なので、逆転戴冠の可能性は充分に残る。初王座を目指すヌービル、タナクとの戦いは激しいものになっていきそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 遠藤俊幸)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します