現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ボッタス悲願の今季初優勝なるか。メルセデス「チームオーダー難しい」と認める|F1ロシアGP

ここから本文です
スポーツ 2018.9.30

ボッタス悲願の今季初優勝なるか。メルセデス「チームオーダー難しい」と認める|F1ロシアGP

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロシアGP予選でポールポジションを獲得し、今季初優勝を目指すバルテリ・ボッタス。メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、彼がポールを取ったことでチームオーダーを出すのが難しい状況になっていると認めた。


 ボッタスは、チームメイトであるルイス・ハミルトンとの一騎討ちを制し、オーストリアGP以来今季2度目のポールを手にした。しかしハミルトンは、3番手スタートのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とのタイトル争いの真っ最中であり、ボッタスにチームオーダーを出してハミルトンを先行させれば、リードがさらに拡大する。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 現状、ハミルトンはベッテルを40ポイントリードしているが、今回ハミルトンが優勝し、ボッタスが2位となれば、ベッテルとの差は2レース分に当たる50ポイント以上に開くことになるのだ。


 しかしボッタスが会心のアタックでポールを勝ち獲ったことで、ウルフは彼に、自分自身の手で優勝を勝ち獲ること以外に何か指示をするのは難しいかもしれないと認めた。

「ポールを獲った後に、『君はレースをすることを許可されていない』と伝えるのは難しいだろう」と、ウルフは『Sky』に語った。

「我々は決勝日の朝に話をして、レースがどんな展開になるかを見てみよう」

 レースの舞台となるソチ・オートドロームは、スタートからブレーキングがある2コーナーまでの距離が長く、後続のマシンがスリップストリームを利用しオーバーテイクするチャンスが大きいため、状況は複雑だ。実際、昨年のロシアGPでは、ボッタスがポールのベッテルを2コーナーまでに逆転し優勝を果たしている。

 2列目からスタートするフェラーリ勢に、スタートで前に出られるようなことがあれば、レースが台無しになってしまうこともありうると、ウルフは考えている。

「昨年は3番手のバルテリが彼らのスリップを使い、リードを奪った」

「だから我々は良いスタートをして、ワイドに広がり前を塞ぐ必要がある。そして彼ら(フェラーリ)が良いスタートをしないように願っている。もしそうでなければ、レースを落とすことになるからだ」

 ボッタス自身は、チャンピオンシップの状況を気にしつつも、決勝では勝つことだけを考えると述べた。

「僕のレースへのアプローチは、言うまでもなくレースに勝つという姿勢だ。ポールからスタートする時、それ以外に目標はない。だからそれが僕の目標になる」

「だけどもちろん、僕たちはチームとしてここにいて、チャンピオンシップを戦っている。ルイスはタイトル争いをリードしているし、セバスチャンとのギャップは非常に大きいので、常にそれを念頭に置いておく必要がある」

「だけどスタートする時の僕のアプローチは、レースに勝つという気持ちだ。どうなるか見てみよう」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します