現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アロンソ「マシンを改善するための対策を見つけ出したが、それでも速さが全然足りない」:F1ロシアGP土曜

ここから本文です
スポーツ 2018.9.30

アロンソ「マシンを改善するための対策を見つけ出したが、それでも速さが全然足りない」:F1ロシアGP土曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ロシアGPの土曜予選で、マクラーレンのフェルナンド・アロンソは17番手だった。アロンソはパワーユニット交換によりグリッド降格ペナルティを受けるが、他にも複数のドライバーがペナルティを科される影響で、暫定グリッドでは16番グリッドを割り振られている。

■マクラーレンF1チーム
フェルナンド・アロンソ 予選=17番手 
 今日の予選ではポテンシャルをフルに発揮して戦ったわけではない。グリッドペナルティでスターティングポジションが決まっていたからだ。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 そのため今日の予選はふたつの目標を掲げて走った。ひとつは107パーセントルールに引っ掛からないタイムを出すこと。ふたつめはストレートでトウを利用してストフェル(・バンドーン)を助けることだ。僕自身はパフォーマンスランは行わず、エンジンをセーフモードにして走っていた。

 僕らはレースペースの向上に焦点を置いて作業を進めてきた。いい戦略を実行し、タイヤをうまく管理して走って、ポイント圏内に近づくことを目指す。

 今回はタイヤの扱いが少し難しい。例年より気温が高いからかもしれない。一番軟らかいタイヤを長持ちさせるのは簡単ではないだろう。そういった面で、決勝で僕らが有利になるといいね。

(Crash.netに対し、今回は決勝を重視し、プラクティスを通してMCL33の弱点をカバーするようなセットアップを探していたことについて語り)マシンは改善していると思う。速さを向上させるための解決法をいくつか見つけ出した。ただ、それでも十分な速さはない。この手のサーキットではパフォーマンスが明らかに足りない。

 でもモンツァでも競争力がなかったけれど、リタイアする前に一時は11番手を走っていた。ポイントに近いところにいたんだ。だから明日も入賞するチャンスはあると考えている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します