現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 実はコレ、スーパーカブなんです! 「フレーム改でBMX風メイク」を解説

ここから本文です
スポーツ 2018.9.29

実はコレ、スーパーカブなんです! 「フレーム改でBMX風メイク」を解説

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMXの持つエクストリームな雰囲気とバイクならではの機動力を組み合わせて気軽さ満点なこちらのバイク、実はカブなんです! BMX風カブカスタムを得意とするマルイチモーターサイクル(TEL:0598-28-8955)が手がけた2台のマシンを解説しよう。REPORT●増田 満(MASUDA Mitsuru)PHOTO●渡辺昌彦(WATANABE Masahiko)

BMX風カブの名店が新たなフレームを開発

    【ホンダ・モンキー125 】完全解剖で判明したカスタム&チューニングの可能性

 2014年からスーパーカブをベースにBMX風フレームを組み合わせたコンプリートマシン、アイアン・ダックを製作しているマルイチモーターサイクル。シンプルかつメタリック塗装が映えるフレーム形状を採用し、街でもインパクト抜群のアイアン・ダックだが、このたび完成した最新モデルがまたスゴイ。

 カブ純正のメインフレームをベースにアッパーフレームを追加するのが同車の特徴だが、新たにベロカブと名付けられたオレンジのマシンは、アッパーフレームを大型化してメインフレームを大胆にもカット。エンジンのそばにフレームがなくなったことで、よりスッキリとしたスタイリングを実現しつつも、燃料タンク容量は2.3ℓに増大されている。

 一方、ブルーのマシンはアッパーフレームからスイングアームへ伸びるシートステーがない。お気づきかもしれないが、従来のアイアン・ダックには存在しないリヤサスペンションを装備しているのだ。スイングアームピボットの下にサスペンションを収納し、アンダーフレームを支点にしたダンパーにより、快適性を格段にアップしているのだ。

 どちらのマシンもフロントフォークを5cmワイド化し、ブリヂストンM404ブロックタイヤを装着。アクティブ感を高める遊び心で、横乗り系男子のハートを掴みまくっているのだ。

メインフレームを大胆にカット!

■BASE MACHINE:VERO CUB(スーパーカブベース)

サス付きになって快適度アップ!

■BASE MACHINE:IRON DUCK(スーパーカブベース)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan モト・チャンプ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します