現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > リカルド「不向きなコースのはずが、いい兆候。グリッド後方からでもチャンスはあるかも」:F1ロシアGP金曜

ここから本文です
スポーツ 2018.9.29

リカルド「不向きなコースのはずが、いい兆候。グリッド後方からでもチャンスはあるかも」:F1ロシアGP金曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ロシアGPの金曜、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドはフリー走行1=5番手/2=4番手だった。リカルドは5基目のICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-Kを導入、グリッド降格ペナルティを受け、後方からスタートする。

■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド フリー走行1=5番手/2=4番手
 今日はマシンがいい感じで、ドライビングをすごく楽しめた。実際このサーキットは楽しいし、僕らのペースもかなり良かった。コーナーでグリップを与えてくれるバンクはないが、ここに投入されたハイパーソフトが必要なグリップをもたらしてくれるので、より一層楽しめる。

    トロロッソ・ホンダF1の2019年ドライバーとしてクビアトが正式発表。チームメイトは未定

 午後のロングランではトラフィックにつかまり、レースでのフィーリングを実感できた。ここはオーバーテイクが簡単なトラックではないが、最終的には抜くことができたので、レースはかなり楽しめると思う。

 タイヤのデグラデーションが見られたのは良かった。もし単純な1ストップのレースになれば予想が容易になるので、よりエキサイティングなレースになるよう、2ストップになってほしいね。

(グリッド降格)ペナルティが科されるため、明日の予選ではフルに走る必要はないが、FP3後、どんな戦いをするか決断する。

 午後にはかなり走り込んで、いいデータを集めることができた。FP3でもう一度ロングランを行い、レースに向けて準備万端整えることが重要だ。ロシアは今まで僕らにとって得意なサーキットではなかったが、今日はいい兆候があった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します