現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 全日本F3選手権第15戦SUGO:勝って決めた! 坪井翔が2018年のチャンピオンを獲得

ここから本文です
スポーツ 2018.9.29

全日本F3選手権第15戦SUGO:勝って決めた! 坪井翔が2018年のチャンピオンを獲得

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全日本F3選手権第15戦は9月29日、スポーツランドSUGOで18周の決勝レースが行われ、ポールポジションからスタートした坪井翔(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)が優勝。今季12勝目で、5戦を残し2018年の全日本F3選手権チャンピオンを獲得した。

 8時から行われた公式予選を経て、11時25分にフォーメーションラップが始まった全日本F3選手権第15戦の決勝。天候は変わらず曇天ながら、ドライコンディションのなかスタートが切られた。ややホイールスピンがあったものの、スタートを決めたのは坪井で、宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)をおさえトップで1コーナーへ。3番手には金丸悠(B-MAX RACING F3)がジャンプアップしたが、2周目の1コーナーで3番手スタートの笹原右京(THREEBOND)が金丸をパス。表彰台圏内に浮上する。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 トップの坪井は3周目に早くも1分13秒216、4周目には1分13秒076、9周目には1分13秒075というファステストラップを記録し、宮田に対して1秒近いマージンを築く。一方、後方では5番手を走っていた大湯都史樹(TODA FIGHTEX)を片山義章(YTB F318)がパスするなど、接近戦が展開されていった。

 レースは5周を過ぎると落ち着きをみせはじめ、坪井と宮田が1秒程度の差、2秒以上離れて笹原と金丸が3番手争いをする展開に。上位陣の争いはこのまま変化することなく、18周のレースはチェッカーを迎えることになった。

 トップを快走した坪井は、最終的に宮田に0.313秒差に迫られるものの、トップを守りきり優勝。12勝目を7連勝で飾った。また、ファステストラップの1ポイント、ポールポジションの1ポイントも加え、パーフェクトの12ポイントを獲得。157ポイントにポイントを伸ばし、最終的には正式結果を待たなければならないが、これでついに2018年のチャンピオンを決めることになった。なお、すでにチーム部門はカローラ中京 Kuo TEAM TOM'Sに、エンジンチューナー部門もトムスが獲得している。

 2位は宮田で、3位は今季5回目の表彰台となった笹原となった。4位は金丸、5番手争いは片山が制し、第12戦以来のポイント獲得。大湯が6位となった。全日本F3選手権第7大会は、15時40分から第16戦が行われる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します