現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 全日本F3選手権SUGO:坪井翔が第15戦/第16戦のポールを獲得。タイトルに近づく

ここから本文です
スポーツ 2018.9.29

全日本F3選手権SUGO:坪井翔が第15戦/第16戦のポールを獲得。タイトルに近づく

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全日本F3選手権第7大会は9月29日、宮城県のスポーツランドSUGOで第15戦/第16戦の公式予選が行われ、坪井翔(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)が第15戦/第16戦ともにポールポジションを獲得した。

 岡山大会で中止となった第9戦の代替開催を含め、1大会4レースが開催される全日本F3選手権第7ラウンド。この日は8時から予選、11時25分から第15戦、15時40分から第16戦の決勝が行われるスケジュールとなっている。

    全日本F3選手権第9戦は第7ラウンドスポーツランドSUGOでの代替開催決定。1週末4レース開催へ

 コースインからポジション取りを行いながらウォームアップが展開されていくが、アタック一度目に入ろうかという開始後5分、アタックに入っていた河野駿佑(HubAuto F318)が馬の背で大湯都史樹(TODA FIGHTEX)をかわそうとした際に接触を喫し、ストップ。赤旗中断となった。

 走行は8時17分に再開となるが、ウォームアップを経てアタックが展開されていく。そのなかで、激しいトップタイムの応酬を展開したのは、チャンピオンに王手をかけている坪井翔(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)と、ランキング2位の宮田莉朋(カローラ中京 Kuo TOM'S F314)。

 前日までの専有走行でドライでの自信をみせていた宮田が、まずは一度目のアタックで1分12秒163、さらに1分12秒301というセカンドベストを並べた。この段階で2番手には坪井、3番手にはドライでもウエットでも速さをみせていた笹原右京(THREEBOND)が続いた。

 終盤に向け3セットあるニュータイヤでのアタックが続いていくが、ここで1分12秒040にタイムを上げたのは坪井。宮田は1分12秒058と僅差で続く。坪井はさらに翌周、ついに1分11秒台となる1分11秒871をマークし、ポールポジションを獲得した。このSUGOでは多くのドライバーが「予選で前に出ないと抜けない」と語っており、坪井のポールはタイトルに向け優位に立つものになりそうだ。

 2番手は宮田、3番手は笹原という結果に。4番手には大湯、5番手は阪口晴南(TODA FIGHTEX)という結果となった。第16戦もトップ3は変わらず、4番手に阪口、5番手に大湯という結果となった。ただ、予選後大湯には河野との接触により、第15戦について3グリッド降格のペナルティが課されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します