現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 125ccチャンピオンのニコラス・テロルがMotoE参戦。アンヘル・ニエト・チームからグランプリ復帰

ここから本文です
スポーツ 2018.9.29

125ccチャンピオンのニコラス・テロルがMotoE参戦。アンヘル・ニエト・チームからグランプリ復帰

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アンヘル・ニエト・チームは、9月28日、電動バイクレース、『FIM Enel MotoE World Cup』(MotoE)のライダーにニコラス・テロルを起用することを発表した。

 MotoEは2019年から新たに始まる電動バイクの新シリーズ。2019年シーズンはエネルジカ・モーターカンパニーのエネルジカ・エゴ・コルセのワンメイクで全5戦が予定されている。参戦するのは12チーム18名のライダーだ。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 2019年のMotoE初年度に参戦することとなったテロルは、2004年に125ccクラスでグランプリデビューを果たした。2010年にアスパー・チーム(現アンヘル・ニエト・チーム)に移籍すると、2011年には16戦中8勝を獲得しチャンピオンに輝いた。同クラスは2012年に250ccのマシンを使用するMoto3と名称を変えたことからテロルは125ccクラス最後のチャンピンとなる。

 2012年からMoto2クラスにステップアップし、2013年は3勝しランキング7位でシーズンを終えた。2014年までMoto2クラスで参戦し、2015年はスーパーバイク世界選手権(SBK)に戦いの場を移すこととなった。

 2015年は成績不振によりシーズン途中でチームを去り、ケガをしたジュール・クルーセルの代役でスーパースポーツ世界選手権(WSS)に代役参戦し、2016年もWSSから参戦した。

 2017年はスペイン選手権(CEV)のMoto3ジュニア世界選手権とヨーロピアン・タレント・カップでアンヘル・ニエト・チームに戻り若手の育成に励んでいた。

 2018年には第4戦スペインGPで、MotoGPクラス決勝レース前にMotoEマシンのデモランを行っていた。2019年は、2010年から2014年に在籍した古巣となるアンヘル・ニエト・チームからMotoEに参戦する。

 テロルは「2011年に世界チャンピオンを獲得したチームで、レースに復帰することを報告できて嬉しい。これは新しい選手権で戦う機会だ」とコメントしている。

「バイクの見栄えは良く、マシン重量を考えれば機敏に動くように思うから、もっと速くなっていくと期待する」

「パワーのレスポンスはとても直線的で、壮観になると思う。スペインGPでテストした感覚では本当にポジティブたった」

「僕はトレーニングの強度を落としたが、続けることはやめなかった。そして今は、数ヶ月でピークに戻すプログラムを作っている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します