現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > オコン、2019年にフォース・インディアF1加入が濃厚なストロールへの否定的な意見に反論

ここから本文です
スポーツ 2018.9.28

オコン、2019年にフォース・インディアF1加入が濃厚なストロールへの否定的な意見に反論

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エステバン・オコンはソーシャルメディアでファンに対し、2019年に彼に代わってフォース・インディアF1に加入するであろうランス・ストロールについてのコメントの内容に、気をつけるよう促した。

 ストロールは、ウイリアムズから父ローレンスが率いる投資家コンソーシアムが買収したフォース・インディアに移籍すると予想されている。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 オコンが放出されることで、F1のあり方や輝かしい才能の持ち主であるオコンに対し、競争力の高いシートがオファーされない状況について多くのコメントが噴出している。

 オコンは不公平な苦境に立たされているものの、F1のなかでも最も親しい友人のひとりであるストロールに対して悪感情を抱いてはいない。彼は最近のストロールに対して投げかけられている卑劣な言動を、非難していている。

「僕たちの経歴は違っているけれど、F1のなかでは同じ情熱と競技精神を持っている。そして同じようにF1への愛があるんだ」とオコンはソーシャルメデイアに品格ある文章を投稿した。

「だから、敬意を持って応援してほしい。人生で楽なことはなにもないし、僕たちは懸命に取り組んで、ここまでやってきた」

 先月、ダニエル・リカルドがルノーとの契約を決めたことで、オコンとルノーとの契約は基本的には頓挫した。彼にとって2019年に残された可能性のある選択肢は、ストロールの移籍によって空くウイリアムズのシートのみとなっている。

 今シーズンのウイリアムズはパフォーマンスを発揮できず不調にあり、オコンがウイリアムズに移籍することは、彼にとって後退となるだろうと多くの人々が感じている。しかしながらオコンは、そのような否定的な見方に異議を唱えている。
「確かにウイリアムズとは話をしている。そう、話し合いをしているところだ。でも僕は、これが後退になるとは言わないよ」とメルセデスのジュニアであるオコンは語った。

「ウイリアムズは素晴らしいチームだ。過去には世界チャンピオンになっているし、昨年は僕たちと激しく争った。彼らは厳しい状況にあるけれど、他のすべてのチームも厳しい時期を過ごしてきた」

 オコンにとっての代替案は、メルセデスのリザーブドライバーとなって1年間を控えとして過ごし、2020年にF1に復帰するというものだ。

「来年は控えのドライバーとなることも、確かに選択肢のひとつだ。でもそうなったとしても、僕は2020年にはさらに強さを増し、準備を整えてF1に復帰するだろう」

「現時点で僕が見ているのはF1だけだ。リザーブドライバーになることはまだ決まっていない。もちろんまだ何も決まっておらず、何の契約もない状態だ。状況がどう展開するかは様子を見ることになる」

「現時点では、僕は2019年にもF1に出たい。もしそうならずに2019年にレースに出られないことになっても、2020年には復帰したい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します