現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1 Topic:ロシアGPでホンダの新PU『スペック3』投入、燃焼系の性能向上など各種アップデート

ここから本文です
スポーツ 2018.9.28

F1 Topic:ロシアGPでホンダの新PU『スペック3』投入、燃焼系の性能向上など各種アップデート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ついにホンダが第16戦ロシアGPで最後のジョーカーを切ってきた。パワーユニット『スペック3』の投入だ。

 ホンダは公式にはスペック3という名称は使用していないが、第7戦カナダGPに投入したパワーユニットを『スペック2』と呼んでおり、田辺豊治F1テクニカルディレクターも今回のアップデートバージョンを「スペック2の次」と語っていることからも、スペック2.5というような中途半端なアップデートではなく、スペック3と呼んでいいだろう。

    F1ロシアGPの金曜プラクティスに3人のジュニアドライバーが出場予定。ザウバーでの昇格決まったジョビナッツィも

 では、今回ホンダはどこをアップデートしてきたのか。それは、ICE(エンジン本体)とMGU-H(熱エネルギー回生)、そしてターボだ。「ICEは燃焼系の性能向上を目指したもので、MGU-Hを見て、弱そうなところを改善し、ターボも詳しくは言えませんが、信頼性向上を図って部品を変えてた」(田辺TD)という。

 もちろん、このスペック3はピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーの2台のマシンに搭載される。

 ただし、その仕様は微妙に異なる。1台のマシンにはES以外の5つのコンポーネントを新品した仕様が搭載され、もう1台のほうにはES(エネルギー・ストア)とCE(コントロールエレクトロニクス)以外の4つのコンポーネントを新品した仕様だ。なお、ESとCEは今回、アップデートはされていない。

 なぜ、このタイミングでアップデートを入れてきたのか。田辺TDは次のように答えた。

「このタイミングというのは、それなりのパフォーマンスアップが確認されたことは確かですが、鈴鹿も当然、視野に入れた決断です。やはり、鈴鹿にぶっつけ本番では臨みたくはなかった。われわれにとっては、やはり日本GPというのは大きいですから」

 スペック3は、ある意味、「鈴鹿スペシャル」とも言えるパワーユニット。ロシアGPから、トロロッソ・ホンダはすでに鈴鹿へ向けた戦いが始まっている。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します