現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2018年WEC富士6時間レース/ル・マン24時間 出場全車総覧

ここから本文です
スポーツ 2018.9.27

2018年WEC富士6時間レース/ル・マン24時間 出場全車総覧

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月12~14日に静岡県・富士スピードウェイで開催される2018/19年WEC世界耐久選手権第4戦富士6時間レース。ここでは現時点でLMP1、LMP2、LM-GTEプロ、LM-GTEアマの4クラス合計35台のエントリーを集めている同大会に出場予定のル・マンカーを、TOYOTA GAZOO Racingが歴史的勝利を飾った第86回ル・マン24時間の出場マシンとあわせてご紹介する。

■LMP1クラス
●WEC/ル・マンの最高峰クラス
●ハイブリッド車のトヨタとノンハイブリッド車を用いるプライベーター勢が総合優勝を争う
●F1チャンピオンのフェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトンが2018年より参戦を開始している
*ジネッタは第4戦よりエンジンをAER製V6ツインターボに載せ替えるため、富士では『ジネッタG60-LT-P1・AER』となる。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

■LMP2クラス
●プラチナまたはゴールドに分類されるプロドライバーと1名以上ジェントルマンドライバーが1台のマシンをシェアして戦う
●シャシーはオレカ、リジェ、ダラーラ、ライリー・マルチマチックという4つのコンストラクターが制作した中から選択。エンジンはギブソンのワンメイク
●4クラス中唯一、タイヤ競争がありダンロップとミシュランが参入している

LM-GTEクラスはこちら
2018ル・マン出場マシンはこちら

■LM-GTEプロクラス
●フェラーリ、ポルシェ、BMW、アストンマーチン、フォードの5メーカーがフル参戦
●参戦する全チームがワークスまたは準ワークスチームで、メーカーワークスドライバーが搭乗している
●2018年よりBMWが新規参戦を開始。アストンマーチンが新型マシンを、フェラーリが改良型マシンを投入した


■LM-GTEアマクラス
●基本的にマシンはプロクラスと同じものだが、1年以上型落ちのクルマでなければ使用できない
●プロドライバーは1名のみ搭乗可能。多くはアマチュア2名、プロ1名という布陣になっている
●日本人ドライバーの澤圭太(クリアウォーター・レーシング)、石川資章(MRレーシング)がフル参戦中


 最後に残念ながらWEC富士には参戦しないが、2018年のル・マン24時間レースに出場したマシンを以下にまとめて紹介する。

LMPクラスはこちら
2018ル・マン出場マシンはこちら

■2018ル・マン24時間 出場車両


LMPクラスはこちら
LM-GTEクラスはこちら

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します