現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > Moto2&3がシーズン最後のオフィシャルテスト実施。MVアグスタとNTSがトライアンフエンジンをテスト

ここから本文です
スポーツ 2018.9.26

Moto2&3がシーズン最後のオフィシャルテスト実施。MVアグスタとNTSがトライアンフエンジンをテスト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Moto2、Moto3は9月24日に今シーズン最後となるオフィシャルテストを実施。Moto2クラスはMVアグスタと日本メーカーのNTSが2019年型のマシンをテストした。

 MotoGP第14戦アラゴンGP決勝の翌日、Moto2クラスとMoto3クラスはモーターランド・アラゴンに延滞し、3度目となるシーズン最後のテストを行った。

    MotoGP:42年ぶりに世界選手権に復帰するMVアグスタのMoto2マシン・プロトタイプが公開

 テストはドライコンディションで行われ、Moto3クラスはニッコロ・ブレガとデニス・フォッジア(スカイ・レーシング・チーム・VR46)、ダリン・ビンダー(レッドブル・KTM・アジョ)、アルベルト・アレナス(アンヘル・ニエト・チーム)の4人が参加した。

 Moto2クラスはミゲール・オリベイラとブラッド・ビンダー(レッドブル・KTM・アジョ)、アレックス・マルケスとジョアン・ミル(エストレージャ・ガルシア・0.0・マーク・VDS)、イェスコ・ラフィンとジュール・ダニーロ(SAGチーム)、フェデリコ・フリーニ(タスカ・レーシング・スクーデリア)、ドミニク・エガーター(キーファー・レーシング)、ステファノ・マンジ(フォワード・レーシング)がシーズン残りの5戦に向けテストを実施した。

 シャシーメーカーのスピードアップ・レーシングは、ファビオ・クアルタラーロとエドガー・ポンスを招集しテストを行った。

 また、Moto2クラスは2019年から、トライアンフがホンダの後任としてエンジンサプライヤーとなる。それに伴い、シャシーを供給するMVアグスタとNTSも2019年型のプロトタイプマシンをテストした。

 2018年までホンダが600cc4気筒エンジンを使用していたが、来季はトライアンフの765cc3気筒エンジンを使用することとなる。MVアグスタはテストライダーのロレンソ・ランツィを、NTSはアレックス・デ・アンジェリスを招集した。

 MVアグスタをテストしたランツィはサスペンション、新しいタイプのタイヤ、シートポジションやステアリングアングルなどをテストしたようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します