現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ブランパンGT:マーデンボロー、負傷のオルドネスに代わり最終戦バルセロナでGT-Rをドライブへ

ここから本文です
スポーツ 2018.9.26

ブランパンGT:マーデンボロー、負傷のオルドネスに代わり最終戦バルセロナでGT-Rをドライブへ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップにフル参戦しているGT SPORT・モチュール・チームRJNが9月28~30日、スペインのタロニア・サーキットで行なわれる最終戦バルセロナでヤン・マーデンボローを23号車ニッサンGT-RニスモGT3のドライバーに起用することが分かった。

 新たなレーシングドライバーの発掘、育成を目的にニッサンとグランツーリスモがタッグを組んで生まれた“ニッサン・GTアカデミー”の卒業生であるマーデンボローは現在、スーパーGT500クラスのTEAM IMPULで活躍中の若手イギリス人ドライバーだ。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 そんなマーデンボローを起用するチームは2018年シーズン、ルーカス・オルドネス、アレックス・バンコム、マット・パリーという布陣で23号車GT-Rを走らせていた。しかし、最終戦を前にしてGTアカデミーの先輩であるオルドネスがサイクリング・トレーニング中の転倒によって肩を負傷。母国レースへの出場が叶わなくなったところ、かつて同チームに所属しブリティッシュGT選手権やブランパンGTシリーズに出場していたマーデンボローに白羽の矢が立った。

 ブランパンGTシリーズへの復帰は2015年のシルバーストン以来、3年ぶり。またGT3カーをドライブしてのレースは、2017年のバサースト12時間以来となるマーデンボローは、旧知のチームRJNからの参戦決定について次のように語った。

「(チーム代表の)ボブ・ネビルとRJNの選手たちとレースを戦うことになり、とても興奮しているけど、それと同時に(ルーカス・オルドネスが)良い状況にあることを願っている」

「ルーカスにとっては不運だったと思う。彼が打ちのめされているのは知っているよ」

「怪我でレースに出られなくなるのは仕方がないが、それが母国レースとなるとショックだよね。多くのファンや、家族、友人の前でレースする機会を逃してしまうのだから」

 一方、肩の怪我のため欠場を余儀なくされるオルドネスは「ヤン(・マーデンボロー)をふたたびチームに迎えるのは素晴らしいことだが、できることなら彼とクルマをシェアしたかったよ」とコメント。

「(ドライバーではなく)彼らのサポート役に徹するのは難しいだろうけど、コースの外から僕ができることをしてチームを助けたいと思っているんだ」

 GT SPORT・モチュール・チームRJNは今回、マーデンボローの招聘に加えてチーム2台目、プロ・アマクラスにエントリーしている22号車ニッサンGT-Rにスコットランドの若手ドライバー、コリン・ノーブルを起用する。

 イギリスLMP3カップのチャンピオンであるノーブルは、リカルド・サンチェス、シュトルアン・ムーアとマシンをシェアする予定だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します